まめ学

自宅で行う人の割合はどれくらい? 白髪染めに関するアンケート調査

Young Japanese woman who dyes her hair
イメージ

 アンチエイジングにいろいろな形でトライする人が多いと思うが、中でもたくさんの人が行っていると思われるのが白髪染め。中高年男性なら“ロマンスグレー”と、むしろ白髪がおシャレに思えるケースがあるものの、「髪が命」とも言われる女性にとって、やはり目立つ白髪は隠したいもの…。そうした中、スリーエム(東京)は20代~50代以上の100人(男性36人、女性64人)を対象に、10月28日にアンケートを実施。白髪染めを自分でする人が3分の2に達することがわかった。

 美容院で白髪染めをする人は少数派だが、その背景には商品としての「白髪染め」のバリエーションが広がったことが大きいかもしれない。選べるカラーが増えているほか、染める方法も泡タイプなど、手軽、カンタンに染められることも、自宅で白髪を染める人が多い理由として考えられる。

 ただ、いかに泡タイプがカンタンとはいえ、自分で鏡を見ながら、ムラなく綺麗な仕上がりで染めるのは難しいだろう。そこで、自分で染めると回答した人に「仕上がり」について満足しているかどうかを聞いたところ、「はい」と回答した人は61.4%。半数以上の人が、自分で行うことに満足している様子。

 ただ、うまくいかない人の中には「また美容院で白髪を染めるように戻った」という人もいる。美容院回帰派からは「自宅で白髪染めをするとお風呂場やタオルが汚れるので、掃除が大変」「美容院でしてもらった方がムラなく綺麗に仕上がり、もちも良い」などの声が聞かれた。