まめ学

アナログゲームで会話が増える? 夫婦の趣味に関する調査で明らかに

イメージ
イメージ

 11月22日は「いい夫婦の日」、11月23日は「ゲームの日」。そこで、 ボードゲームの企画開発を手掛けるMAGI(東京)が「夫婦の趣味に関する調査」をしたところ、最も夫婦の会話が増えると感じるゲームの種類は、パソコンやゲーム機を使わないアナログゲームだった。

 全国の20〜40代で同居中の既婚男女211人を対象に、2021年11月10〜11日に実施した調査。夫婦で楽しんでいる共通の趣味についてまずたずねると、首位は旅行(49.8%)、次点が映画やアニメ鑑賞(31.8%)。ゲームはスポーツと同率で9位(8.5%)だった。そこで一緒に楽しんでいるゲームの種類に質問を絞ると、1位がテレビゲーム(83.3%)、2位がアナログゲーム(61.1%)、3位スマホゲーム(44.4%)の順。最も夫婦の会話が増えると感じるゲームを聞くと、アナログゲームが81.8%と首位に躍り出た。欧州の状況を見ると、まだまだ今後が心配なコロナ禍。加えて寒い時期、クリスマスやお正月など家族がそろう時間も増える。アナログゲームを囲んでみるのも楽しそうだ。