まめ学

愛媛県西条市が 若者部門で3年連続全国1位に! 「2022年版 住みたい田舎ベストランキング」

Japan ,Saijo City, Uchinuki Water

 愛媛県西条市が3連覇! 『田舎暮らしの本』(宝島社・東京)の2022年2月号で発表された「2022年版 住みたい田舎ベストランキング」若者世代部門において、全国1位に輝いた。同部門では、これで2020年から3年連続で全国の市町村の中の1位を獲得。コロナ禍でも西条市への移住者は増加を続けており、その約8割が若者だという。若い世代の活力がさらに次の若い移住者を呼ぶ好循環が生まれているようだ。

 なぜ西条市は、若者に人気なのか? まず、西日本最高峰の石鎚山がもたらす名水百選「うちぬき」が各所で湧く“水の都”であること。そして、瀬戸内海に面し、海・山・街がそろい、人気のアウトドアアクティビティーが充実。四国屈指の農業・工業都市で仕事も豊富。四国第1位の合計特殊出生率(1.75)、ICT教育など、就労・子育て環境もしっかりしている。

 また、「チャレンジを応援するまち」として、人のつながりを重視したサポートも行っている。例えば、市中心部にある「サカエマチHOLIC」では、U・Iターンした若い起業家たちが活躍し、彼らと地元の人が共鳴することで、挑戦する人と応援する人が手を携えた新しい活動も生まれているのだ。しかも、完全オーダーメード型の移住体験ツアーを、宿泊費・往復交通費・食費すべて無料で実施。田舎暮らしに興味のある人に、市の魅力を認知してもらう努力も怠らない。

 同市出身のタレント・眞鍋かをりも喜びを隠せない。「私のふるさと愛媛県西条市が、またもや全国1位を獲得しました。そういえば、最近テレビで西条市の特集をよく見るようになった気がします。移住検討者の皆さん、松山市とか都会にもアクセスしやすい、山も海も街もある西条市、オススメです!」。