まめ学

“太っている”と思う女性が“普通”を上回る ダイエットで一番の“投資先”は?

ダイエットのため、何にお金を使った?
ダイエットのため、何にお金を使った?

 女性ならば誰でも体型を気にするもの。「オレンジページくらし予報」が、女性を対象にダイエットについて調査したところ、自分の体型について「太っている」、「少し太っている」と答えた人が合計で39.4%となり、「普通」と回答した38.0%を上回る結果に! 自分を“太っている”と思っている現代女性が若干多いことがわかった。

 では、「“ぽっちゃりさん”と“おやせさん”、どちらの体型でいたいか?」と聞くと、「ぽっちゃりさんがいい」はわずか5.9%。「おやせさんがよい」も34.5%にとどまり、半数以上の女性が「普通がよい」(51.7%)のだとか。「やせたい」と言いながら、実はスリム体型はそれほど人気がない。

 自分の体型を「このままではよくない」と思う人は54.5%。このうち、約6割が「太っている」と答えた人だったのは当然として、“支持”が高かった「普通」体型の人も3割もそう思っている。「自分は見た目普通だと思うけれど、もっとやせたい」という人が多いのだろうか。やはり、女心はビミョーだ。

 一方、ダイエット経験者は7割に達したが、そのうち、55%の人が痩せるためにお金をかけたという。投資先のトップは「ダイエット食品」(61.2%)、2位は「サプリメント」(56.4%)。運動、スポーツが早道だと思うのだが、「運動用具・ウエアやグッズ」(42.5%)は離れた3位。「ジム、痩身エステ」(20.7%)で9位にとどまるなど、“お手軽な方法”に投資している女性が多いようだ。

 男性は女性が思うほど気にしてないようだけどね。