まめ学

あなたはプロ妻?放任妻?良妻「風」? 世帯年収にも差が!

main なかなか面白い分類かもしれない。プライベートから仕事の場面まで常に夫をケアする「プロ妻」、一方で、夫のケアより自分のことで精一杯な「放任妻」。その世帯年収を比較すると、前者が後者を大幅に上回るという結果が出た。マンダム(大阪)が、20~59歳の既婚女性を対象に実施した、夫へのケア意識に関する意識調査だ。

 まず、イマドキ妻のタイプを4つに分類。自分のことは自分でやるのが夫婦間のルール、夫の価値観を尊重し、無駄な干渉は お互いしないという「セルフマネジメント妻」、平日も休日も会話は最少限で、夫のケアより自分のことで精一杯という「放任妻」、平成の良妻賢母で、夫を幸せにするために夫のケアは欠かさず、お互い何でも言い合える夫婦仲の「プロ妻」。そして、自分好みの夫にしたい、出来る妻と見られたい、夫のケアは良妻に見られるためのアピール手段、という「良妻“風”妻」だ。

 一番多かったのは「放任妻」で、41.7%。ついで「プロ妻」(31.3%)、「良妻“風”妻」(21.0%)、「セルフマネジメント妻」(6.0%)の順。興味深いのは、夫の食事や身だしなみなど、“ダンナケア”意識の高い「プロ妻」の平均世帯年収は791.7 万円なのに対し、「放任妻」世帯は650.6万円。妻側の意識の差が、世帯年収に約140万円の差を生んでいる可能性があるという点だ。年代でみると、20、30代の妻のほうが、40、50代に比べてダンナケア実施率が高かった。

sub1sub2