まめ学

女性の“家事と育児”を給与換算するといくら? 男性も知っとくべきシビアな数字とは

 「毎日の家事に対して給料が欲しい~」。そんなことを思ったことがある女性は多いのではなかろうか。Woman&Crowd(東京)が運営する調査期間「Woman&Research(ウーマンリサーチ)」が、“家事・育児における給与”に関する意識調査を行ったところ、給与として欲しい月額として、妻から要求した最高金額は100万円、最低は0円だった。調査対象は未就学児の子どもを持つ20代~30代の専業主婦250人と、同条件のワーキングマザー250人。

q1 ズバリ、「家事や育児に、給与がもらえるとした場合、月額いくらを設定するか?」と聞いたところ、全体の平均は182,808円! このうち、専業主婦は174,044円、ワーキングマザーは191,572円となり、働くママの方がシビアに設定していた。ちなみに、最高金額は専業主婦が60万円、ワーキングマザーが100万円。

 専業主婦からは、「仕事で感じていた人間関係のストレスが無い」、「家事や育児の合間で自分の時間を作ることができる」などメリットを挙げるコメントがあり、人付き合いの煩わしさが少ない分、低めの設定になったのかもしれない。「子供を育てているのと同時に自分も“親”として育ててもらっているので給与換算できない」、「自分や家族のためだから出来ることなので、給与換算したいと思わない」という理由から、0円に設定する回答もあった。

q3 では、仮に家事や育児に給与がもらえた場合、その使い道はどうするかというと、「子どもの養育費」、「家族のための貯金や投資費用」、「家族のレジャー費用」の順に! とくに、ワーキングマザーは「家族のレジャー費用」への比重が専業主婦より大きい結果となっているが、これは、普段の仕事が忙しく、限られた時間を家族と大切に使いたいと思っているからかもしれない。一方、「自分の交際費用」、「自分の美容・服飾費用」では、専業主婦の方が多かった。

q4 さて、家事を話題に取り上げた時、毎回気になるのは“夫の協力”。そこで、配偶者は家事や育児に協力的かどうかを聞くと、いずれも「協力的」と回答したのが4人に3人にのぼったが、「家事・育児は自分の仕事だと思っているので、配偶者に協力を期待していない」という人も少なくない。そんな中、専業主婦とワーキングマザーが感じている配偶者による家事・育児への協力度合いの結果を合算、もらいたい給与金額との関係性を探ると、配偶者が非協力的なほど、求める給与の増額が顕著に!

q5 「たいへん協力的」と答えた人の平均設定額が162,228円だったのに対し、「まったく協力的ではない」は233,267円で、何と7万円以上の差となっている。シビアな回答をするのは、それなりの理由があるようだ。

 詳しい調査結果は、コチラ