まめ学

食品購入時に賞味期限を気にする人は8割以上 でも肉や魚は冷凍すれば期限を気にしない?

 梅雨のこの季節、気になるのは食品の消費期限や賞味期限。とくにナマモノは、期限切れを意識して購入する人が多いのではないだろうか。だが、精肉や鮮魚は期限切れでも「冷凍していれば気にしない」と主婦の半数以上が思っていることが、ソフトブレーン・フィールド(東京)が30代~40代の主婦806人(平均年齢46歳)を対象に実施した「食品の期限」に関する調査で明らかになった。

食品購入時の期限のチェックについて(n=806)
食品購入時の期限のチェックについて(n=806)

 精肉や鮮魚、パン、ハム・ソーセージ、豆腐・あげ・納豆、卵、冷凍食品の購入時に賞味期限や消費期限といった期限をチェックするか、商品別に聞いたところ、「豆腐・あげ・納豆」が86.5%、「精肉」が85.6%。鮮魚が85.6%、「パン」が81.5%、「ハム・ソーセージ」が78.3%、「卵」が75.8%となるなど、極端な差は生じていない。日本人の多くは、食品の期限を意識する傾向にあることが調査結果でも浮き彫りになった。

食品の期限切れについて(n=806)
食品の期限切れについて(n=806)

 購入した食品が期限切れになることがあるかの質問では、最もチェックの度合いが高かった「豆腐・あげ・納豆」が「よくある」、「たまにある」を合わせて59.4%に。期限を切らしてしまいがちだからこそ、購入時にチェックしている人が多いのかもしれない。

 食品の期限切れ時の対応について【複数回答】(n=806)
食品の期限切れ時の対応について【複数回答】(n=806)

 さらに、実際に食品の期限が切れた場合にどうしているかを聞くと、「豆腐・あげ・納豆」では、「日数が経っていなければ気にしない」が42.4%、「自分が食べる分には気にしない」が20.3%、「変な臭いじゃなければ気にしない」が18.5%、「加熱処理すれば気にしない」が15.6%という結果に。「パン」や「ハム・ソーセージ」、「卵」、「冷凍食品」でも同様に40%以上の人が「日数が経っていなければ気にしない」と回答した。他方、精肉や鮮魚では、他の食品よりも日にちを基準に「食べない」判断をする人が多くなっている。

冷凍保存した食品の期限切れ時について(n=806)
冷凍保存した食品の期限切れ時について(n=806)

 しかし、生鮮品の場合、冷凍してしまえば、“日持ち”しそうな印象がある。そこで、食品を冷凍保存していた場合、期限切れを気にするかを確認したところ、「日数が経っていなければ気にしない」と答えた人がともに25%前後だった「精肉」が62.4%、「鮮魚」が50.0%となるなど、「気にしない」の比率が上がる結果となった。

 期限切れとなって捨ててしまうのは“もったいない”こと。それを防ぐには、すぐに冷凍するのも良いが、まずは、期限を考慮して“買い過ぎない”のが一番だろう。