まめ学

あなたは衣替えする人?しない人? 多い人は年5回以上も

sub1 (42) 季節によって衣服を替える衣替え。日本では、学生や企業の制服(夏服、冬服など)を毎年6月1日と10月1日に一斉に衣替えするが、一般の家庭はどうだろう? マイボイスコム(東京)が10,755人を対象に実施した調査によると、8割強の人が行っていることがわかった。

 衣替えをする人の回数は、学生や企業と同様、1年に「2回」が52.1%、「3回」が14.0%となっている。わずかではあるが、年5回以上する人も。入れ替えのパターンは、半数以上が「春夏と秋冬など、まとめて入れ替える」とし、「季節ごとに入れ替える」、「一度に入れ替えず、2~3か月かけて入れ替える」がそれぞれ1割強。多くは、気候の変化に合わせて行っているようだ。

 衣替えをする時に気を付けていることとしては、「しまう衣類は洗濯、クリーニングをしてから」が55%でトップ。衣服のケアは大事と思っている人が多いようで、防虫剤、防湿剤、カビ防止剤などを入れることに気を配る人が少なくない。また、衣替えについての考え方を聞くと、衣服を整理するチャンスと考える人が半数弱いた。

 衣替えをしない人は2割弱いる。しない理由のトップは「クローゼットやタンスなどの収納場所に全部入っている」がトップで6割弱。男性の20代、30代は「衣類の量が少ない」が最も多かった。

 詳しい調査結果は、コチラ