まめ学

気をつけよう夏の“ゲリスク”! 下痢の原因になりやすいトップ3は?

30661_xnjpYGeduw 暑い夏は、どうしても冷たいものを求めがち。これを口にしたら、おなかを壊しそうと思っていても止めることはできない! 正露丸でおなじみの大幸薬品が15歳~49歳の「夏におなかの不調を起こしやすい」男女400人を対象に実施した、夏の「下痢の原因=ゲリスク」についての調査によると、8割を超す人が、「下痢の原因となる『誘惑』に負けやすい」と答えていた。

 最初に、「夏の下痢」経験者に「下痢の原因=ゲリスク」をたずねると、1位に「冷たいジュース」(78%)、2位に「冷たいスイーツ(アイスやかき氷など)」(76%)、3位に「冷たいコーヒー、紅茶」(71%)という回答が続いた。これらは、猛暑の時に不可欠と思えるものばかり。夏の「ゲリスク」は普段の生活に潜んでいるといえる。

 また、性別、年代別で「ゲリスク」を比較すると、10代男性の68%が挙げた「扇風機をつけて寝ていたこと」、20代女性の76%が挙げた「エアコンの効いたオフィスにいること」や、40代男性の64%が挙げた「ビールなどアルコールの摂取」など、性別、年代によって注意したい「ゲリスク」が違う様子。冷え性と思える女性、のん兵衛のオジサン──それぞれの特徴が出ているのが興味深い。

 さて、「夏の下痢」を起こしやすい人に、どんなシーンで「下痢」になったら嫌だと思っているのか。嫌な順に「海・プール」(82%)、「移動中の乗り物内」(79%)、「通勤途中の電車内」(77%)が続いた。すぐにトイレに駆け込めない場所が上位に! 具体的なコメントを拾うと、「海でかき氷を食べてすぐ、海に入って、おなかをこわし下痢になった」(19歳・男性)、「花火大会の際に下痢になり、長蛇の列でなかなか進まなかった」(44歳・男性)など、楽しいお出かけがつらい思い出になってしまった人も少なくない。

30661_vJhMjwGQXK 「夏は他の季節よりも『下痢』に気をつけるべき」(76%)と考えている人は約8割に達したほか、他の季節と比較して「下痢」になる原因が多いかどうかをたずねたところ、70%の「夏の下痢」経験者が「はい」と回答。さらに、「夏は他の季節よりも『下痢』の原因となる『誘惑』に負けやすい」と回答した人は81%となった。

 このように夏は、楽しい誘惑のウラに潜む「ゲリスク」の高いことが調査結果でも示されたが、大幸薬品では夏の生活習慣の違いによって、それぞれどんな下痢になりやすいかを診断できるwebコンテンツ「夏のゲリスク診断」をオープン! これを活用して夏の「ゲリスク度」や、自分がなりやすい下痢のタイプを知ってみるのはいかが?

 さらに、下痢になった時は、正露丸と“お友だち”に! 同社では、携帯に便利な「夏の下痢対策」アイテムとして、腸の動きを正常化する「正露丸・セイロガン糖衣A」をおススメしている。

 カンタンにできる「夏のゲリスク診断」は、コチラ