まめ学

引越しの挨拶に行かない人が○割近くも! 粗品に“そば”の慣習は古い!?

 引越しをした時、あなたはご近所に挨拶をする? それとも、しない? ネクスト(東京)が行なった「引越しの挨拶事情に関する調査」によると、挨拶に行かない人が4割近くいる実態が明らかになった。対象は過去5年以内に「土地勘のないエリアに引越したことがある」と回答した480人。

 まず、引越しした際、ご近所に引越しの挨拶をした件数を聞くと、「1件も挨拶に行かなかった」が37.5%でトップ! 以下、多い順に「2件」(15.2%)、「3件」(15.0%)、「6件以上」(9.4%)と続いた。隣が誰かわからない──などと、近所づきあいの希薄がいわれるものの、このアンケート結果をみると、挨拶に行った人の合計は62.5%だから、近所関係を構築する意思がある人のほうがまだ多数派だ。

挨拶の有無別に見た、ご近所との仲の良さ【単一回答】(n480)
挨拶の有無別に見た、ご近所との仲の良さ【単一回答】(n480)

 挨拶に行った人と行かなかった人別に、ご近所との仲の良さを比較すると、挨拶に行った人は「非常に良い方だ」が15.3%だったのに対し、挨拶に行かなかった人は5.6%。やはり、挨拶に行くことによって、仲の良いご近所関係を築くことができるようだ。

引越し先の挨拶の粗品ランキング【複数回答可】 一方、引越しの挨拶をする際に渡した粗品の金額を質問すると、最も多かったのが「500円以上1000円未満」(37.0%)。その内容は、タオル、お菓子、洗剤の順で、昔ながらの“引越しそば”は8位にとどまった。江戸時代からの慣習である“引越しそば”は、もう古い?