まめ学

いざという時に見るもの テレビ?スマホ?

 たとえば朝方の地震。これは大きい、と思った時、思わずスマホで情報を探すか、テレビをつけるか。その人にとっての「ファースト・スクリーン」は、依然としてテレビの存在感が大きいことが、ビデオリサーチ(東京)の調査で分かった。

1 11月22日早朝に発生した福島県沖地震で、関東一都六県の人々がどのように情報を入手したのかを分析した。時間軸で追うと、5:59に福島県沖地震が発生した直後、6:00~6:03にかけて、テレビやスマートデバイスの稼働が急上昇したが、上昇の内訳はほとんどがテレビだった。5:59~6:08の10分間に起床したと思われる人のうち、8割が真っ先にテレビをつけており、スマートデバイスを立ち上げた人は2割。その内訳をさらにみると、まずテレビをつけた人は男性35~69歳がボリュームゾーン。一方スマートデバイスを立ち上げた人は男女15~19才、そして男性の20~34歳が半数弱を占めた。

2 地震発生時は、大半がまだ就寝中であった可能性が高く、まずどのメディアに触れたのかは、その人にとっての「ファースト・スクリーン」に等しい、という前提。もちろん、日中外出時などに地震が起きれば、スマホに頼らざるを得ないから、この限りではない。就寝中に地震を感知し、真っ先に状況確認するメディアが年代によって異なるということが垣間見えた結果だ。