まめ学

イマドキ高校生の“お年玉”事情 もらったら使う?それとも…

 お正月になると、子どもたちに“お年玉”をあげる人が多いだろう。バイトをし始める高校生になると、あげるかどうかビミョーに感じる一方、あげるとなると金額も上がると思われるが、そんな高校生1,000人(男性670人、女性330人)を対象に、SMBCコンシューマーファイナンスがお年玉に関する調査を実施した。イマドキ高校生のお年玉の使い道とは・・・。

mainsub1 最初に、2016年にお年玉を合計でいくらもらったかを聞くと、「3万円以下」が35.4%で最も多く、2番目が「5万円以下」の30.3%に。3位は「10万円以下」の16.9%だった。親戚の数などで額が上下しがちだが、たくさんもらっている高校生は少なくない。男女別でみると、男子の3人に1人が「3万円以下」だったのに対し、女子は3人に1人が「5万円以下」という結果で、女子高生の方がたくさんもらっている様子だ。なお、たくさんもらった高校生がいる中で、1割未満の高校生がもらっていないと答えている。

sub2sub3 お年玉を、どのように、どれくらい使ったかを聞くと、高校生464人がお年玉の全額を「消費した」(234人)、「貯蓄した」(133人)、「親に預けた」(97人)と回答。“もらったら使う”高校生が最も多い。一方、お年玉を二等分に分けて使った高校生は175人で、そのうち「半分消費した/半分貯蓄した」が116人で最も多かった。

sub4sub5 最後に、イマドキ高校生は、突発的なお金をどのように使ったかと聞くと、結果は「お買い物」が1位、次に多かったのは「交際費」。何を買ったかでは、「服・靴・鞄」がトップで、お年玉の行方は“おしゃれ”に回す高校生が多く、「本や漫画」、「ゲーム」がそれに続くなど、やはり、好きなもの、欲しいものに使うようだ。