まめ学

女性が仕事を探す際に「妥協できること」「妥協できないこと」とは? 求人状況はやや良くなっているかも

 女性が仕事を探す際に「妥協できること」と「妥協できないこと」って何だろう。新卒で就職活動をするときと、転職や再就職を目指すときでは、また自分の中で重視する条件も違うだろう。最近ではワークライフバランスや長時間労働是正が多くの人の関心事となり、世代によっても感じ方が違うかもしれない。エン・ジャパン(東京)は、正社員勤務を希望する女性向け求人サイト「エンウィメンズワーク」で女性の求職に関するアンケートを実施。20~40代の女性469人から回答を得た。

【図1】お仕事を探す際に妥協できる条件・妥協できない条件を教えて下さい。(複数回答可
【図1】お仕事を探す際に妥協できる条件・妥協できない条件を教えて下さい。(複数回答可

 それによると、妥協できることのトップ3(複数回答)は、「会社の規模や業種」(59%)、「昇格の有無」(36%)、「雇用形態」(27%)。一方、妥協できないことのトップ3(複数回答)は「給与」(61%)、「勤務曜日・日数」(51%)、「勤務地」(43%)だった。「社風や人間関係の良い悪いに企業規模は関係ない」、「どんな条件で働くかよりも、どういう仕事をするかのほうが重要」という声とともに、「生活をする上で最低限確保しなければならない給与水準がある」、「育児との両立を考えると勤務日数や勤務地は限られる」との声も。重視するのはブランドや肩書きよりも、自分の生活水準や時間に影響を及ぼすものである傾向がうかがえる。

【図2】最近の求人状況をどのように感じていますか?
【図2】最近の求人状況をどのように感じていますか?

 「最近の求人状況についてどのように感じていますか」との問いに対しては、「以前より良い」(27%)が「以前より厳しい」(23%)をやや上回った。「以前よりも求人状況が良い」と答えた人にその理由を聞いたところ、「希望する職種の求人数が増えている」(67%)、「大手・有名企業の求人数が増えている」(41%)、「給与額が上がっている」(34%)などが挙げられた。「以前はなかなか希望の求人に出会えなかったが、最近は選べるようになった」「経験や資格がない人向けの求人が増えているように感じる」といったコメントが多く寄せられたといい、企業の人手不足感の表れを感じさせる結果となった。

【図3】(「以前より良い」と回答した方)「良くなった」と感じるのは特にどのようなところですか?(複数回答可)
【図3】(「以前より良い」と回答した方)「良くなった」と感じるのは特にどのようなところですか?(複数回答可)