まめ学

花粉症女性の悩み「メイク崩れ」 みんなの悩みの傾向と対策は?

「花粉シーズンに『残念目元』になった(目元のメイクが崩れて残念な状態になった)経験がありますか?」
「花粉シーズンに『残念目元』になった(目元のメイクが崩れて残念な状態になった)経験がありますか?」

 涙やくしゃみが止まらない花粉症の季節は、症状が重い人にとってはとてもつらいもの。プラス、女性には「メイクが崩れやすくなる」といううれしくない副産物も。参天製薬が花粉症の20~40代の働く女性500人(普段メイクをする習慣がある人)を対象に「花粉症とメイク」に関するアンケートを行ったところ、86%の人が「花粉シーズンは、メイクが崩れやすくなると思う」と答えた。また、「最もメイクが崩れやすくなるポイント」の1位は「アイメイク」(63%)で、その他の「ベースメイク」(34%)、「リップメイク」(3%)などを大きく上回った。

31911_GAufOlQJtk 実際に「花粉シーズンに“残念目元”(目元のメイクが崩れた残念な状態)になった経験」があるかについては、約6割(58%)が「ある」と答えた。具体的なエピソードは、「涙が止まらずアイシャドウがにじんでパンダ目に」(24歳)、「花粉に反応して涙が出ると、アイラインが消えてなくなる」(28歳)、「花粉で目が充血すると、アイメイク自体が映えない」(44歳)、「かゆくて目の周りをさわってしまい、マスカラが取れて汚くなる」(31歳)などのリアルな声が寄せられた。

31911_pMGrvaijJp 口や鼻と違い、マスクで花粉を防いだりメイク崩れをごまかしたりできない“目”。では、みんなどんな対策をしているのだろう。“残念目元”を防ぐための花粉症対策法を聞いたところ、「落ちても目立たない透明マスカラを使用する」(40歳)、「ダテ眼鏡をすると、普段通りの視界が保てて、ファッションのポイントにもできる」(29歳)、「涙に近い成分、防腐剤が入っていない目薬で対策」(47歳)などの声が寄せられた。具体的に使っているアイテムを選んでもらったところ(複数回答)、「目薬」が76%で圧倒的1位。以下「飲み薬」(38%)、「食品(ヨーグルトなど)」(21%)、「空気清浄機」(19%)、「カップ型洗眼剤」(15%)と続いた。