まめ学

副業は自宅で簡単に プレミアムフライデーは家でのんびり

d5303f608a24fe012103276fd668444406b6b787 安倍首相が掲げる「一億総活躍社会の実現」。働き方改革の実現のため、残業問題への取り組みやプレミアムフライデー、副業の解禁などがスタートしている。そこでこの3つについてのアンケート結果を。残業は月20時間未満、副業しているのは1割、プレミアムフライデーは家でのんびりしたい、というのが大まかな結果だ。

f5f84ad1f2a494f1a942be49e5713f2cfdde6e08 カルチュア・コンビニエンス・クラブが行った働く18~69歳の男女1,603人を対象にした調査。それによると、毎月の残業時間は、20時間未満という人が7割、「残業がない」は2割。現在副業を持っている人は1割で、副業で得る金額は「月間2~5万円」が最多。副業でやりたいことをたずねたところ、「ポイントサイト/アンケート懸賞」や「内職・軽作業」、「金融・投資」「オークション」、「アフィリエイト」など。自宅で簡単にできる働き方が好まれているようだ。

e419cf0530ee76d6cc60bbf19bb9e67f4cb90eaa (1) 勤務先でプレミアムフライデーを実施するかどうかを聞いたところ、「導入をする」という回答はわずか3.4%。「導入しない」が68.2%、「わからない」が28.3%で、プレミアムフライデーを導入する企業はまだまだ少ないことが分かる。そこで導入有無にかかわらず、プレミアムフライデーをどのように過ごしたいかを複数回答で聞いたところ、1位は「家でゆっくり過ごす」(58.5%)、2位は「買い物に行く」(35.8%)、3位「映画を見に行く」(20.8%)、4位「家事をする」(20.3%)、5位「仕事以外の友だちと飲みに行く」(19.0%)だった。