まめ学

新社会人の職場恋愛調査 社内で恋愛をしてみたい人は○割!

sub1 環境が変われば、出会いのチャンスも増える!と、会社に入って新たな出会いを期待している人が多いかもしれない。オーネット(東京)が2017年4月から新社会人となった全国の独身男女計212人を対象に実施した「職場恋愛に対する意識について」の調査でも、新しい環境での出会いや恋愛への発展を期待している社会人は、男女ともに半数以上いた。

sub2 最初に、ズバリ「今、彼氏・彼女がいるか?」と聞いたところ、男女ともに約4割がいると回答。草食系、恋愛下手、恋愛離れなどと言われる若者だが、実際には交際相手がいる人は少なくない。少なくとも“恋愛離れ”という様子ではないのだ。

sub4main ならば、「新しい出会いや恋愛」を期待している人もいそうだが、それについて質問すると、男女とも半数以上が新しい環境での出会いや恋愛を期待している。さらに、約3割の人が、職場恋愛をしてみたいと回答。期待しながらも、実際にしようとする人は少ない感じで、とりわけ、「したくない」と回答した人が全体で42.5%、女性でも昨年に比べて13.6ポイント増加したのが目を引いた。これって、ちょっと気になるかも。

 また、どのような上司・先輩に憧れるかを聞いたところ、男女ともに「優しい」上司・先輩に憧れるようだ。一方、男性は女性の上司・先輩に対して「仕事ができる」女性に憧れる傾向が強いのに対し、女性は男性の上司・先輩に対して「頼れる」男性に憧れている様子がうかがえる。

sub7sub8 次に、職場恋愛のメリットとデメリットについて聞いてみた。メリットの第1位は「生活のリズムが同じ」(45.3%)、第2位は「お互いの共通の話題が増える」(43.4%)、第3位は「相手の仕事の不満を聞いてあげられる」(31.6%)という結果に。他方、デメリットの第1位は「別れた時がきまずい」(81.6%)、第2位は「同僚の目が気になる」(51.4%)とデメリットでは、会社に居づらくなることを挙げる人が多い。

 最後の質問は「こんな上司/先輩がいれば職場恋愛をしてみたいと思う芸能人は?」。男性が選んだトップは、石原さとみ、女性が選んだトップは、高橋一生だった。