まめ学

プレミアムフライデーの人流変化調査 2回目にして官庁街は早くもダウン!?

img_125979_1 3月31日に2回目が実施されたプレミアムフライデー。人の流れからその様子を探ってみると・・・。ブログウォッチャー(東京)は、位置情報データを使った広告・分析サービス「プロファイルパスポート」で、許諾がとれている提携アプリのGPS位置情報データを用いて、プレミアムフライデー初回(2月24日)、2回目(3月31日)と実施前の月末金曜(1月27日)の人流変化について比較を行った。

img_125979_2 調査したのは、東京の各エリア(新宿、霞ケ関、品川、汐留、東京駅、羽田空港)で、その結果は、まず、新宿エリアは初回と比較すると若干16時以降人口が少なくなった。また、汐留エリアは16時以降で10%以上の人口が減少。ところが、初回に早めに人口が減った霞ヶ関エリア、2回目は増える傾向となった。一方、羽田空港エリアは午前~16時まで増加傾向がみられたものの、これは春休みの影響も考えられる。

img_125979_3 初回は、さすがに音頭をとった“お役所”では、率先して実施した様子が見られたが、早くも2回目にしてトーンダウン? まぁ、年度末だから仕方がないか。その一方で、オフィス街では浸透していきそうな気配もある。

 “お役人”の皆さん、次回は頑張りましょう。