まめ学

GWは5日間が主流 遊びより休養

 日ごろの疲れをとる休暇。GWはあまり動かず、のんびり休む人が多いようだ。「ゴールデンウイーク」に関する意識調査(アサヒグループホールディングス・東京)によると、今年の大型連休は休養、という人が圧倒的多数だった。

c6b8e8ca195be5227bae71457725730c3c7502b1 そもそも、何日休めるのだろう? 「(合計で)5日間」という声が最も多く21.9%。「6~7日間」(16.6%)という人もいて、全体として「5~7日間」(38.5%)が多数。ゴールデンウイークの始まりとなる昭和の日(4月29日)が土曜日で、週明けの5月1、2日が平日。憲法記念日の5月3日(水)、みどりの日の5月4日(木)、こどもの日の5月5日(金)と土日が続き、暦通りに休めれば、5連休ということだ。

110d9b77d0fe45445dcefc3489a04ddf2518b0e5 そこで、連休の過ごし方について聞いたところ、「休養中心」が53.3%。日ごろの生活で蓄積した疲労やストレスを、十分な休養で癒やしたいという声が多い。またレジャーは混雑や渋滞が避けられないため、インドアでゆっくり過ごすという声も。

7108ca65c27b29ebc022683c825bcd841f677a62 家では何をするのだろう? 最も多かったのは「家の片づけ・掃除・洗濯する」(42.7%)。「とにかく寝る(睡眠)・ゴロゴロする」(30.0%)という人も。外出・レジャーで目立ったのは、「ショッピングに行く」(28.4%)や、「外食する(家族、恋人など)」(20.9%)など。のんびり、身近なところで楽しむ連休、早く来ないかな~