ライフスタイル

新型タバコは健康被害をもたらさないか?受動喫煙の危険はどうか?

新型タバコは健康被害をもたらさないか?受動喫煙の危険はどうか? 画像1

新型タバコ(非燃焼・加熱式タバコ)の種類ついて

最近、IQOSのような新型タバコ(電子タバコ)の愛好者が増えています。実は、IQOSの90%以上は日本で販売されています。このような新型タバコは健康被害をもたらさないのか考えてみましょう。

新型タバコは、大きく分けて、電子タバコと非燃焼・加熱式タバコの2種類があります。ちなみに、IQOSは非燃焼・加熱式タバコのひとつで、葉タバコを直接加熱し、ニコチンを含むエアロゾルを発生させ吸引するタイプです。

電子たばこは医療機器とみなされ、医薬品医療機器法の適用を受けるため厚生労働省の認可が必要です。さらに、ニコチンは国内では医薬品として扱われるために、安全性の確認が厳しくなります。一方、葉タバコを原料とする非燃焼・加熱式タバコは財務省の管轄であり、安全性に対しての認可は厚生労働省に比べ甘くなっています。ちなみに、アメリカでは FDAが、非燃焼・加熱式タバコについては、充分な安全性が確保されていないとして、認可されていません。

新型タバコの健康被害はどうか?煙に含まれる物質から推測

従来型の燃焼式タバコが肺がんやCOPDのような肺の病気や狭心症のような心臓の病気、さらには前立腺がんのようながんの発生をもたらすことはよく知られています。では、新型タバコはどうでしょうか?答えとしては、新型タバコによって健康被害がもたらされるかどうかについては、病気が発生するのに時間がかかります。そのため、科学的証拠が得られるまでには、かなりの時間を要し、現時点では実際はどうかわかりません。

ただし、いろいろ推測する根拠があります。非燃焼・加熱式タバコ の見えない煙の中に、燃焼式タバコとほぼ同レベルのニコチンや揮発性化合物(ホルムアルデヒドなど)などの有害物質が含まれています。また、加熱によりエアロゾルを発生させる仕組みは、ニコチン以外の液体成分を分解し、結果として発癌性物質に変化することが指摘されています。葉タバコも含まれているので、従来型のタバコと同じ健康被害が出る可能性があります(『非燃焼・加熱式タバコや電子タバコに対する日本呼吸器学会の見解』参照)。

新型タバコ(非燃焼・加熱式タバコ)の受動喫煙について

新型タバコは周囲の人々への受動喫煙の危険が指摘されています。煙が出ないとされていますが、特殊なレーザー光を非燃焼・加熱式タバコ使用者の呼気に照射すると、大量のエアロゾルを吐いているのがわかります。見えないだけで、煙を吐いているのと同じなんです。

世界保健機構の報告では、「電子タバコのエアロゾルに受動的にでも曝されると、健康に悪影響がもたらされる可能性がある」とされています。

このように新型タバコは、従来の燃焼式たばこより健康リスクが少なく、受動喫煙の危険がないと思われているのであれば、実際にはそうではなく、科学的には従来の燃焼式タバコと同様に健康被害をあると考えていただいた方がいいでしょう。公共の場所や公共交通機関では、吸わないように、特に呼吸器の弱い方や心臓の悪い方、子供や妊婦の周りでは、決して吸わないように、心がけてください。

<筆者略歴>

新型タバコは健康被害をもたらさないか?受動喫煙の危険はどうか? 画像2

大西 勝也:内科医

大西 勝也:内科医 1996年、三重大学大学院卒。2009年、大西内科ハートクリニック開院。循環器内科と呼吸器内科をあわせ持ち、多角的な心不全治療を可能にしている。また、女性に対する医療の充実化にも取り組み、女性が快適に過ごせる院内作りや、乳がんの早期発見を目指し、乳腺外来を設けている。

(大西 勝也:内科医)

<関連記事>

冬のマラソンではどんな危険が隠れている?

スマホの使い過ぎで起きる肩こりの解消方法

花粉症対策に有効な食事 花粉の時期に控えたほうがいい食べ物は?

jijico_logo

JIJICO
JIJICOでは、弁護士、公認会計士、税理士、社労士、医師、ファイナンシャルプランナー、心理カウンセラーなどの専門家が話題のニュースを独自の視点で徹底解説。メールアドレスの登録だけで編集部厳選のピックアップ記事が配信されます(無料)。