エンタメ

【コラム】2018年は誰が来る!? ネクストブレーカー【男優編】

 アーティスト系俳優の北村匠海も要チェックだ。音楽ユニット「DISH//」のリーダーでありながら俳優活動も盛んに行い、昨年の浜辺美波とダブル主演を務めた青春恋愛映画『君の膵臓をたべたい』では「第42回報知映画賞」で新人賞を受賞した。

 今年は深田恭子主演のフジテレビ系連続ドラマ「隣の家族は青く見える」(1月18日放送開始)で同性愛者という役柄に挑戦するほか、自動車競技「ラリー」をモチーフにした東出昌大主演の映画『OVER DRIVE』(6月1日公開)に出演。自己表現の域は芝居や音楽にとどまらず、写真、絵、ファッションなど、さまざまなジャンルで発揮するマルチな才能にも注目してほしい。

 健太郎は、社会現象を巻き起こしたフジテレビ系連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(14)で、斎藤工扮(ふん)する教師・北野に反発する生徒役で本格的に役者デビューし、着実にキャリアを積み上げ、昨年は『デメキン』で映画初主演を果たした。

 フジテレビ系リアリティーバラエティー番組「テラスハウス」のスタジオメンバーとして顔を知った人も多いはず。今をときめく女優・広瀬すずに「好き」と言わしめた自然な演技は、今年公開の平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)主演の恋愛映画『ういらぶ。』(公開日未定)でも見られるはずだ。

 昨年大ヒットしたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」で、有村架純演じるヒロインの恋人でイケメンコックのヒデを演じた磯村勇斗からも目が離せない。磯村も「仮面ライダーゴースト」(15)に出演していたライダー俳優。今年は健太郎と共に映画『ういらぶ。』に出演する。

 甘いマスクの裏には芝居に対する熱い情熱がたぎっており、あるインタビューでは「将来の目標はハリウッド進出」と断言。さらには「脚本家や監督もやっていきたい」と目を輝かせていた磯村の今後を、期待を込めて見守りたい。

 注目の若手イケメン俳優はまだまだたくさんいる。ブレークの波を引き寄せるのは一体誰だ!?(錦怜那)

「ひよっこ」磯村勇斗 (C)NHK