まめ学

70~80年代のアニメで好きな作品は?

 深夜のアニメ番組から映画まで、毎年何かと話題となるアニメ作品。子どもから大人まで楽しめる日本のアニメは海外でも絶大な人気だ。また、近年は往年の名作アニメのリメイクや関連した作品も多く、懐かしい子ども時代を思い出す人も多いのでは? そこでOVO編集部では、リメイク作品などの新企画が発表されている70~80年代のアニメ作品に絞って、「70~80年代のアニメで好きな作品は?」というアンケートを行った。

 調査は、ジュピターテレコム(J:COM)「インタラクTV」の投票機能を使って3月に実施し、861人から回答を得た。回答のトップは昨年、原作の発表から50周年を迎えた「ルパン三世」で26%。ルパン三世は1971年のテレビシリーズ放映以来、劇場版アニメやゲームなど広く展開しており、海外でも人気の作品だ。以下、「ゲゲゲの鬼太郎」(22%)、「北斗の拳」(16%)、「あしたのジョー」(13%)、「キューティーハニー」(9%)、「銀河英雄伝説」(7%)、「キャプテン翼」(7%)という結果となった。

 今回、アンケートに選んだアニメ作品は、この4月から、新作やリメイクなどがテレビ放映される作品たちだ。年々、リメイクされるアニメは増えているが、一度に7つもリメイクなどの作品が放映されるのはなかなか珍しいのではないだろうか。各アニメ作品は、原作の発表から長い年月が経っているが、今なお愛されているものばかり。原作に忠実に、はたまた現代の時代背景を取り入れたり、新しい声優を起用したり…。変わらない魅力はもちろん、新しい作品の変化も含めて、楽しんでみてはいかがだろう。