カルチャー

疑念を行動に移せるか 映画『1987、ある闘いの真実』

『1987、ある闘いの真実』 (C)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED
『1987、ある闘いの真実』
(C)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

 当局の発表に疑念を抱く。よくあることだ。だが、その疑念を曖昧に脇へ押しやらず、立ち上がって声を上げることができるかは、時代を問わず、国家という枠組みの中で生きる我々にとって、普遍的で根源的な問いかけだ。一人の大学生の死をきっかけに、政権側の隠蔽を一つひとつ白日の下にさらしつつ、その力を全国的な民主化運動に集約させていった韓国現代史の一コマ。映画『1987、ある闘いの真実』が公開されている。

 日本はバブルの真っただ中、経済の拡大に浮かれていた1987年の、韓国の実話が元になっている。全斗煥(チョン・ドゥファン)政権の強圧的な政治に国民の不満が募る中、身柄を拘束されていた大学生の死に、拷問を疑った検事、記者、そして悲しみに暮れる親族と彼らを取り巻く学生たちが、互いを信じ、行動を積み重ねる。権力による抑圧と暴力の記憶に委縮する人々が、無言で、しかし自分の立場ででき得る限りの抵抗を試み、その抵抗は次第に公道へ、広場へと導かれ、政権打倒へのうねりを打っていく。

 検事や看守など、物語のキーパーソンの骨のある演技は言をまたないが、格別な存在感を持つのは、キム・ユンソク演じる治安本部・パク所長。徹頭徹尾“悪役”ではあるものの、脱北者で、背負う過去の痛みが育んだ強靭さと、“北訛り”の凹凸が持つ渇いた重さが、ただの悪役に留まらない哀しい厚みをのぞかせている。

 光州事件を扱った映画、『タクシー運転手』の後に見ると、時系列で“その後”を追うことができる。“現代史”に属する、ほんの30年前の出来事に正面から向かい合う隣国の人々。その“熱さ”を感じる作品だ。

text by coco.g