ライフスタイル

子どものスマホ・ネット依存・SNS被害…安全な利用のために親は何ができる?

子どものスマホ・ネット依存・SNS被害…安全な利用のために親は何ができる? 画像1

爆発的な子どもへのスマホの普及・増えるLINEの利用者

スマートフォン(スマホ)の普及が急速に広がっています。それに伴い、小学生のうちからスマホを持つ子どもも増えており、その理由の一つとして、LINEが事実上の連絡ツールとなっていることが挙げられます。従来からの携帯電話(いわゆるガラケー)でLINEをするのは事実上困難なため、LINEを使いたいという動機がスマホを持ちたいということにつながるのです。

私は約10年前から子どもたちや保護者、先生方を対象にケータイ、スマホを含めた正しいITの使い方を教えるための講演・教育活動を行っていますが、最近の傾向として「中学生になったらスマホを買ってもらう」ということが増えているようです。中学生になると、部活などを含め交友関係が広がります。そして友だち同士の連絡や部活の連絡でさえもLINEで取り合うことが普通になってきており、スマホがないとLINEグループに入れず、連絡さえも取れないため、必要になってくるのです。

中には親の方針でスマホを持たせないという子どももいますが、そうすると、部活の連絡など必要最低限の連絡のみ親のスマホに届くことになるので、なかなか友だち同士の輪に入りにくいという傾向があるようです。昔、スマホがなかった時代に普通に学生生活を送っていた我々からすると、「スマホがないとコミュニケーションが取れない」というのは少々違和感がありますが、現状はこのようになっています。

スマホ・ネットは便利さだけでなく怖さも含めて知識が必要になる

ですが、スマホはもはやただの電話ではありません。世界とつながった高性能な小型コンピュータであり、さまざまな人とつながってしまいます。実際に使っている子どもたちは、学校や友達の間など、自分たちの周りの世界しか見えていないことがほとんどですが、インターネットにつながったスマホは、一瞬で情報を世界中にまで広げてしまうことがあります。その相違がいわゆる「炎上」を発生させてしまう原因です。

また、SNSに端を発するトラブル・犯罪に巻き込まれてしまう場合もあります。これらを含め、スマホを持つためには、使う側がその便利さのみならず、怖さも含めてもっと知識を持つ必要があります。

全国で93万人もの中高生がスマホ依存傾向に

スマホはいつも身近なところにあり、何でもできる上に、いろいろな人とつながるので利用時間が長くなりがちです。そのため、無意識に依存しやすい傾向があり、最近は大人でも四六時中スマホが気になって触っていないと不安になるようなスマホ依存症の人を見かけることが多くなりました。

そしてそれは子どもも例外ではなく、依存傾向が強い中高生は既に93万人にわたるとの厚生労働省の調査もあります。特に学校や家庭など、私生活で居場所がなかったり、問題を抱えている子どもたちが依存していく傾向が多く見られるうえ、子どもたちは人生経験が浅く、耐性がないので、依存傾向になると大人より深刻な状況になることが危惧されます。

親は使用時間・状況を把握して子どもと一緒に依存を防ぐ努力やルール作りを

特に子どもたちの依存の入口となりがちなのが、ゲームとSNSです。最近のスマホゲームは最初は無料で遊べるのですが、その後進んで行くにつれてお金がかかってくるようなものや、徐々にはまり込む要素が含まれているものが多く、一度始めるとなかなか抜けられないようになっています。

また、SNSも友だちとつながっているため、自分が寝たり勉強したりと自分のことをするためにやりとりをやめようと思ってもなかなか話が終わらず、やめ時が難しいなどの問題もあります。どちらも依存を防ぐためには、長時間使わないという本人の自覚が重要ですが、その大きな誘惑の前で自制するには相当の覚悟が必要になります。

スマホ・インターネットの普及やサービス拡大等により、今後もこのような依存傾向は増え続けていくと予想されます。大人と違い、子どもはある程度自由な時間があるので、そのまま誘惑に流されていくとスマホに時間を奪われ、依存傾向が強くなってくるのは明らかです。

ここで親がきちんとその使用時間や状況を管理し、子どもと一緒に依存を防ぐ努力をしなければなりません。親からの一方的なルールの押しつけやスマホの取り上げなどは余計に反発を招くだけで意味をなしませんので、親もネットやスマホで今起きている問題や状況について、興味を持って正しい知識をつけた上で指導していくことがとても重要です。

<筆者略歴>

子どものスマホ・ネット依存・SNS被害…安全な利用のために親は何ができる? 画像2

目代 純平:ITコンサルティング、ITコンシェルジュ

目代 純平:ITコンサルティング、ITコンシェルジュ 商社勤務の父親の転勤に伴い、中学校3年間を台湾・台北日本人学校で過ごす。
帰国後国際基督教大学(ICU)高校を経て、中央大学総合政策学部政策科学科にて環境経済学を専攻。

大学1年の頃に、一橋大学の学生が中心となって始めた学生企業の立ち上げに参画。
その後、NTT社員対象講師などを経て、大手電機メーカーの学生インターンメンバーとして
米国で次世代無線アクセスシステム(WLL)の研究開発に携わる。

帰国後、大学4年在学中の1999年7月、有限会社チェックフィールドを設立。19年間で150社以上のWebシステム/デザイン設計ならびに社内IT環境設計・管理を経験し、企業におけるIT導入・運用管理の総合的なノウハウを身につける。2006年株式会社に組織変更し、プライバシーマークを取得。

現在では、主に中小・中堅規模法人向けのIT導入・運用コンサルティング、運用管理代行を中心に約90社のIT環境を総合管理する傍ら、業務で得た知識や事例をもとに、2008年より各地で主に小中学生や保護者、先生方に対して「安全なケータイ・インターネットの使い方」をメインテーマに
講演ならびにワークショップ活動を展開。2010年10月、東京都よりeメディアリーダーの認定を受け、この10年間各地で行った講演は180を超える。2014年フジテレビ「ホンマでっか!?TV」に「ネット問題評論家」として出演。

特技は英語、中国語。趣味は音楽(特にSmooth Jazz, AORが好き)、写真、スノーボード、ワイン、街歩き。
著書に「1から出直すパソコンインストール(共著)(エーアイ出版;1998年)」、「子どものための『ケータイ』ルールブック(総合法令出版;2012年)」がある。

(目代 純平:ITコンサルティング、ITコンシェルジュ)

<関連記事>

イクメンの子どもは肥満になりにくいという研究結果が意味するもの

小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!

脳などに深刻な影響を及ぼすスマホ依存症 避けるにはどうすればいいか?

jijico_logo

JIJICO
JIJICOでは、弁護士、公認会計士、税理士、社労士、医師、ファイナンシャルプランナー、心理カウンセラーなどの専門家が話題のニュースを独自の視点で徹底解説。メールアドレスの登録だけで編集部厳選のピックアップ記事が配信されます(無料)。