おでかけ

刀剣ファン、秋の京に集まれ! 「刀剣乱舞」コラボ企画が続々と登場

 すごしやすい季節に入ったが、今秋の京都は格別に“熱い”。女子を中心に人気を集める、刀剣が戦士へと姿を変えた「刀剣男士」というキャラクターを集めて、敵と戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」(とうけんらんぶ オンライン)と、京都の名だたる施設とが魅力的なコラボレーションを展開しているからだ。

 9月下旬の晴れた日、JR東海「そうだ 京都、行こう。」×「京(みやこ)のかたな展」のプレスツアーに参加。京都国立博物館(京都市東山区)、北野天満宮(京都市上京区)、京福電気鉄道(嵐電)の四条大宮駅・嵐山駅、東映太秦映画村(京都市右京区)など、京都を大きく東西に動きながら、「刀剣乱舞-ONLINE-」の世界を堪能することができた。

 もちろん、人気急上昇中のおいしいご飯のお店も、のちほど紹介したい。

京都国立博物館の外観
京都国立博物館の外観

「空前絶後」の刀剣展

  まずは、市内の東に位置する、京都国立博物館の刀剣特別展 「京(みやこ)のかたな 匠のわざと雅のこころ」の内覧会に参加。同展は9月25日から11月25日まで開催している(展示期間中の入れ替えあり)。

  今回の展示は、「日本の展覧会史上、空前絶後の大刀剣展覧会」(末兼俊彦・学芸部主任研究員)というだけあって、京都・山城(やましろ)系刀剣の国宝ほぼ全てが出品されているほか、後鳥羽上皇、織田信長、坂本龍馬ら歴史上の偉人に関係のある刀剣や、祇園祭祭礼図屏風など絵画の名作もあり、刀剣ファンのみならず、歴史好きな方にも必見といえるラインアップとなっている。 

館内の展示品
館内の展示品
館内の展示品
館内の展示品
館内の展示品
館内の展示品

 空前絶後の展覧会の会場である「平成知新館」に入ると、国宝の刀剣などが一振りずつ陳列され、静謐(せいひつ)な雰囲気に覆われていた。

 内覧会に先立ち、あいさつした佐々木丞平館長は、刀剣の魅力について「武器という概念を超え、日本の繊細な感性、美意識が凝縮された世界ではないか」と解説。

あいさつする佐々木館長
あいさつする佐々木館長

 その奥深い刀剣の世界を探訪するにあたり、館内掲示によって鑑賞のポイントが分かるようになっているので、刀剣に詳しくない方も安心だ。

 まずは、焼き入れの技術によって現れる線状の模様である「刀文(はもん)」を見るといいという。次に、「地鉄(じがね)=肌(はだ)」を眺めよう。肌とは、鍛錬で鉄が折り返されたり、焼き入れをすることなどで、地鉄と呼ばれる黒い部分に現れる模様のことだ。最後は、「銘(めい)」を見てみよう。刀を柄に収める部分の茎(なかご)に刻まれた名前(刀工、所有者、鑑定者ら)や、制作された年などを「銘」といい、時には、刀剣の価値を評価した鑑定の証明が刻まれていることもあるという。

解説のパネル
解説のパネル

 刀剣の基礎知識を仕入れたら、早速、鑑賞といこう。今回は、全部で183振りが展示されているうち、23振りが「刀剣乱舞-ONLINE-」に登場する刀剣男士のモチーフになった刀剣だ。天下五剣の一つである三日月宗近(みかづきむねちか)、神社の神宝とされる石切丸(いしきりまる)、織田信長が茶坊主を手打ちにする際に使ったとされるへし切り長谷部(へしきりはせべ)、鎌倉時代に隆盛を誇った来派の名刀明石国行(あかしくにゆき)…と、名だたる名刀たちに次から次へと会うことができる。

明石国行
明石国行

 ただ、1回の入場で、23振りすべてを鑑賞することはできない点には注意がいる。前期(9月29日~10月28日)、後期(10月30日~11月25日)、通期(9月29日~11月25日)と、刀によって展示期間がそれぞれ分かれるためだ。開館時間は午前9時半から午後6時(金、土曜日は午後8時)で、休館日は月曜日。一般が1500円、大学生1200円、高校生700円。

  それでは、博物館敷地内の明治古都館中央ホール(重要文化財)に移動する。今回の「京(みやこ)のかたな」展に合わせ、新たに描きおろされたイラストなど「刀剣乱舞-ON-LINE-」コラボ刀剣男士の等身大パネルに出会うことができる。

  吹き抜けのホール内には、今にも動き出しそうな躍動感がある刀剣男士のパネルが並び、ファンであれば、壮観といっていいだろう。ただ、混雑が予想されるので、ホール内の写真撮影はOKだが、各刀剣男士1枚の撮影となる。会場の出口では、オリジナルグッズを販売しており、ファン注目の商品ばかりが陳列されている。

明治古都館中央ホール
明治古都館中央ホール
ホール内の等身大パネルⒸ20152018 DMM GAMESNitroplus
ホール内の等身大パネルⒸ20152018 DMM GAMESNitroplus

このほか、「刀剣乱舞-ONLINE-」に出演している、三日月宗近役の鳥海浩輔さんら声優4人が、展覧会をナビゲートする音声ガイドもあり、目だけでなく耳からも楽しめるようになっている。貸出料金は1000円(税込み)。

  詳しい展示物、グッズなどを知りたい方は、公式サイト内の「刀剣乱舞-ONLINE-」ページで確認できる。。

 首都圏などからスムーズに、「京(みやこ)のかたな」展を見学するには、ジェイアール東海ツアーズが企画する「『そうだ 京都、行こう』×京のかたな展」がある。往復の新幹線料金と鑑賞券、刀剣解説本『週刊ニッポンの国宝100 別冊1国宝刀剣 ザ・極み』がセットになった旅行プランだ。

  また、ゆっくりと鑑賞したい、という方には人数限定の貸し切りプランを活用する手もある。11月19日(月)には貸し切り休館日ミュージアムプランが用意されている。

 詳しくは、「そうだ 京都、行こう」特設ページを参照。