エンタメ

2位「田中圭」、3位「白石麻衣」で1位は・・・? あなたが選ぶ「2018年 今年の顔」ランキング

 毎年この時期になると、今年活躍した芸能人や流行語などのアワードが発表され話題になる。11月上旬、「日経トレンディ」(日経BP社)が「2018年 今年の顔」として俳優の田中圭と乃木坂46の白石麻衣を、「2019年 来年の顔」に中村倫也を選出した。そこでオーヴォ編集部は、独自のアンケートを行ったら誰が選出されるのかを知りたくて、「あなたが選ぶ『2018年 今年の顔は?』」という調査をしてみた。

 調査は、J:COMの投票機能を使って11月(12~18日)に実施し、549人(男女)から回答を得た。回答のトップは今年、映画『モリのいる場所』、『万引き家族』、『日日是好日』などの心に残る作品を残し、9月に永眠した「樹木希林(番外)」(33%)だった。希林さんの遺作となる『エリカ38』は来年公開予定。続いて2位は流行語大賞にノミネートされたドラマ、「おっさんずラブ」でブレークした「田中圭」(11%)。3位は発売した写真集が重版を重ね、大ヒットとなった乃木坂46の中心メンバー「白石麻衣」(10%)。続いて、NHKの朝ドラ「半分、青い。」のヒロインを演じた「永野芽郁」(9%)と、映画『万引き家族』で第10回TAMA映画賞の最優秀女優賞を受賞し、現在放送中の朝ドラ「まんぷく」ではヒロインとして出演中の「安藤サクラ」(9%)が同率の4位となった。以下、「鈴木亮平」(8%)、「志尊淳」(7%)、「佐藤健」(6%)、「黒木華」(4%)、「中村倫也」(2%)という結果に。

 「2019年 来年の顔」の顔に選ばれた中村倫也は順位こそ低かったが、今年は「ホリデイラブ」、「崖っぷちホテル!」などのドラマに出演。そして朝ドラの「半分、青い。」では“ゆるふわ男子”の朝井正人を演じ、「まぁくんロス」「正人ロス」なる言葉も生まれるなど、ブレ―クを果たしている。
 来月は「Yahoo!検索大賞2018」などのアワードも予定され、今年活躍した人がまた話題に上る。もしあなたが選出するなら、“今年の顔”に誰を選ぶ?