まめ学

今年、感動したスポーツニュースランキング 1位は羽生結弦選手の五輪二連覇! 

 今年、何かと不祥事に揺れたスポーツ界。しかしその一方で、華々しい活躍をした選手も多く、さまざまな競技がたくさんの感動を与えてくれた。そこでオーヴォ編集部は「今年、あなたが感動したスポーツニュースは?」という調査をしてみた。

 調査は、J:COMの投票機能を使って12月3日~12月9日に実施し、男女564人から回答を得た。ランキング1位は【スケート】羽生結弦が五輪二連覇で32%。2位は【テニス】大坂なおみ全米OP優勝(19%)、3位は【MLB】大谷翔平、米大リーグで新人王(16%)という結果となった。
 以下、4位【甲子園】金足農が準優勝、秋田勢103年ぶり(12%)、5位【サッカー】日本、W杯ベスト16に(7%)、【競泳】池江璃花子、アジア大会6冠でMVP(4%)、【大相撲】栃ノ心、御嶽海、貴景勝らが初優勝(4%)が同率の6位、【マラソン】設楽悠太、大迫傑が日本新(3%)、【世界バド】桃田賢斗が初優勝、女子ペア41年ぶり金(3%)が同率の8位、そして10位【ゴルフ】畑岡奈紗が米ツアー初優勝(1%)と続いた。

 ランキング1位となった羽生選手は今年2月、心配された右足首の怪我から復帰し、男子フィギュアスケートで66年ぶりの五輪二連覇を達成し、多くの人に感動をもたらした。また、大の「くまのプーさん」好きと知られる羽生選手。先日、フィンランド・フィギュアスケート協会は、羽生選手にファンから贈られたたくさんの「くまのプーさん」のぬいぐるみを、恵まれない境遇の子どもたちに寄付すると発表。先月の大会での同選手のけがの経過が心配される中、心温まるエピソードとなった。
 今月20日に開幕する「全日本フィギュアスケート選手権大会」は、平昌五輪の銀メダリストの宇野昌磨選手、7月に現役復帰した高橋大輔選手と羽生選手の三つ巴の戦いが期待されていたが、羽生選手が出場するかどうかは未定だという。ファンとしては元気な姿を早く見せてほしい半面、とにかく無理をしないで体調を万全にしてほしいと願うばかりだろう。

 今年は国内外のスポーツで日本人選手が多くの感動を巻き起こした1年となった。来年は2020年東京オリンピックの前哨戦となる、各競技の世界選手権が開催されるなど、注目の1年となりそうだ。

 

―  感動したスポーツニュースランキング 2018  ―

1位 【スケート】羽生結弦が五輪二連覇  
2位 【テニス】大坂なおみ全米OP優勝   
3位 【MLB】大谷翔平、米大リーグで新人王
4位 【甲子園】金足農が準優勝、秋田勢103年ぶり 
5位 【サッカー】日本、W杯ベスト16に 
6位 【競泳】池江璃花子、アジア大会6冠でMVP
6位 【大相撲】栃ノ心、御嶽海、貴景勝らが初優勝
8位 【マラソン】設楽悠太、大迫傑が日本新
8位 【世界バド】桃田賢斗が初優勝、女子ペア41年ぶり金
10位 【ゴルフ】畑岡奈紗が米ツアー初優勝