まめ学

2019年、みんなが注目しているニュースは? 五輪よりもスター・ウォーズへの期待大!?

 早くも1月が終わろうとしている。今年は2020年に迫った東京五輪関連のニュースや、やわらかニュースまで多くのニュースが目白押し。そこでオーヴォ編集部は「2019年注目のニュースは?」という調査をしてみた。

 調査は、J:COMの投票機能を使って1月21日~28日に実施し、男女計517人から回答を得た。1位は5月1日の「新元号スタート」(56%)で半数以上の人が改元関連のニュースに注目していることがわかった。続いて2位は10月スタート予定の「消費税引き上げ」(22%)、3位は5月1日が即位の日となることで実現する「ゴールデンウィーク10連休」(6%)だった。以下、「トヨタ、新スープラ発売」(4%)、「ラグビーワールドカップ」(4%)、「スター・ウォーズ 9公開」(3%)、「朝ドラ『なつぞら』開始」(2%)、「日本郵政『置き配』開始」(1%)、「五輪各種目代表選考会」(1%)、「五輪チケット販売開始」(1%)という結果となった。

 1位の「新元号スタート」はめったに経験することができない日本の歴史的な瞬間だ。西暦2000年時には、ミレニアム婚、ミレニアムベイビー、ミレニアム記念の限定商品発売などで“ミレニアム”や“記念消費”が話題となった。新元号を迎えるにあたって習い事やダイエットなど新たに何かを始める人も多いかもしれない。また、2位の「消費税引き上げ」前に、大きな買い物を楽しみにしている人もいるのでは? 意外だったのは、「五輪各種目代表選考会」や「五輪チケット販売開始」など五輪への関心が低かったことだ。まさか『スター・ウォーズ エピソード9公開』より低いとは…。五輪をテーマにしたNHK大河ドラマ「いだてん」の視聴率もやや低迷しているようだ。視聴率の盛り上がりと共に、五輪へ関心も盛り上がってくると良いのだが…。