エンタメ

松坂桃李、純粋な恋愛ものは「こそばゆい」 山本美月、大恋愛を「今も引きずっています」

松坂桃李、純粋な恋愛ものは「こそばゆい」 山本美月、大恋愛を「今も引きずっています」 画像1

 ドラマ「パーフェクトワールド」の制作発表会見が8日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、松村北斗(SixTONES)、木村祐一、麻生祐未、松重豊が出席した。

 本作は、岩田剛典と杉咲花の共演で映画化もされた、有賀リエ氏の同名コミックの実写化。大学時代の事故で車いす生活を送る建築士・鮎川樹(松坂)と、彼と偶然再会した高校の同級生・川奈つぐみ(山本)とのラブストーリーを描く。

 連続ドラマでの純粋な恋愛ものに初挑戦する松坂は「この辺がずっともぞもぞしています」と胸の辺りを押さえ、「こそばゆいと言いますか、台本を読んでいて恥ずかしさもちょっとあります」と照れ笑い。ポスターにもなっている山本のウエディングドレス姿には「おきれいでしたよ。パーフェクトでした」と絶賛した。

 一方、ヒロインを演じる山本は「ぜいたくですよね。(男性から)取り合いをされちゃったり、世の女性がうらやむような立場にいるなと思っています」と話し、つぐみとの共通点は「絵が好きなところが一緒かなと思います」と話した。

 その後、「共演者についてパーフェクトと思うところ」という話題になると、松坂は山本の絵の才能について絶賛。「メイクルームとかでスタンバイ中や空き時間にiPadで描いているのを横目で見ていたらものすごくうまくて。インスタグラムも見ると本当に上手で、ご自身の絵が完成されているというか。それを見ていてすごいというか、川奈とリンクすると思いました」とべた褒めした。

 また、恋愛ドラマにちなんで初恋の話題になると、山本は「心の底から愛してやまなかった人は世界が違ったというか…。」と告白。

 続けて「二次元にいる方だったので、いくらつぎ込んだのか分からないぐらいグッズも買うし、最後の最後にはすてきなプロポーズをしているところも見てしまい、子どももできたんだなと見届けて一人で泣いていました」と吐露。

 お相手は漫画『鋼の錬金術師』に登場するキャラクター、エドワード・エルリックだったことを明かし、「本当に大好きで、今もずっと引きずっています。大恋愛でした」と振り返った。

(前列左から)中村ゆり、松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、(後列左から)松村北斗、松重豊、麻生祐未、木村祐一