エンタメ

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』 画像1

 さて、周防監督へのインタビューで「なぜ今、活動弁士を主人公にした映画を撮ろうと考えたのか」と尋ねたところ、「日本で映画がどう始まったのかを今撮らないと、誰もそれを知らなくなってしまう。活動弁士のことなんて誰も知らないのではまずいと。自らの反省の意味も込めて、ぜひ、活動弁士の存在を多くの人に知ってほしいと思った」との答えが返ってきた。なるほど、これはやはり監督お得意のハウツー&ガイド映画の一種だったのだ。(田中雄二)