ライフスタイル

シニア向け脳トレのススメ 自宅でできる脳や体によい習慣3選

シニア向け脳トレのススメ 自宅でできる脳や体によい習慣3選 画像1

新型コロナウイルスの影響によりさまざまなイベントが自粛になり、公民館や老人福祉センターの臨時休館も相次いでいます。外出機会が減ると、運動不足や社会的交流の減少が懸念されます。連日の報道で不安を感じている高齢者も多いのではないでしょうか。そこで、シニア世代におすすめの、自宅で手軽に楽しくできて脳や体にもよい習慣を3つ紹介します。

動画配信サイトや脳トレアプリなどで頭と体のトレーニング

自宅で手軽に楽しく始めることが可能で、シニア世代に特におすすめしたいのは、以下の3つです。

・健康体操(動画配信サイトを活用)
・脳トレアプリ(スマホやタブレットを活用)
・パズルやアナログゲーム

以下、1つずつ解説します。

YouTubeなどの動画配信サイトで自治体が開発した健康体操などが多数

全国の自治体が趣向を凝らした健康体操を開発しています。多くの体操は、室内の狭いスペースでいすに座ったままでもできるように工夫が施されています。外出機会が減っている今だからこそ、自宅で体操の習慣を作ってみてはいかがでしょうか。

自宅で体操を行う際には、YouTubeなどの動画配信サイトの活用がおすすめです。自治体の健康体操も動画でアップロードされているものも多いですし、最近では介護系ユーチューバーも出現し、目的に応じた体操の動画が多数存在します。また、笑いヨガや笑み筋体操のように、笑って楽しく実践する体操もあります。

なお、一人で行う際には、転倒の危険が伴う場合もありますので、無理な体勢を取り続けないよう注意してください。

スマホやタブレットを用いて楽しく脳トレを

パズルやドリルなどの脳トレもおすすめです。最近では、スマートフォンやタブレットの脳トレアプリも充実してきました。

反射神経を鍛えるミニゲームなど、書籍ではできない内容もあります。知的な活動を日常の中に取り入れることによって認知症の予防の効果も期待できます。

アプリの中には子どもも楽しめる内容がありますので、コミュニケーションのきっかけとして子どもと一緒に取り組んでもよいでしょう。スマートフォンやタブレット活用の練習も兼ねて、脳トレアプリをひとつ始めてみてはいかがでしょうか。

アナログゲームは手軽な知的トレーニング

インターネットを通じて行うデジタルゲームだけでなく、アナログゲームも自宅で楽しい時間を過ごすにはもってこいの内容です。アナログゲームというと囲碁や将棋、健康麻雀を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、トランプやオセロなど、より手軽にできるものもあります。

近年はボードゲームブームです。海外で考案されたボードゲームも今では簡単に入手できるようになりました。アナログゲームは子どもの遊びだと思われがちですが、知的トレーニングとしての側面もあります。

アナログゲームを通じて
・相手の考えを察知する能力
・決断力
・記憶力
・計算力

などが自然に鍛えられるため、高齢者やシニア世代にこそおすすめです。家族とのコミュニケーションにも役立ちます。

先行きの見えない不安な日々が続きますが、楽しむことまで自粛する必要はありません。このコラムで紹介した自宅でできる楽しいことにぜひチャレンジしてみてください。

<筆者略歴>

シニア向け脳トレのススメ 自宅でできる脳や体によい習慣3選 画像2

田久 朋寛:ヨガ・ピラティスインストラクター ■来歴
1998年 千葉県立船橋高校卒業
2003年 京都大学経済学部卒業
2005年 京都大学大学院人間・環境学研究科にて計量経済学(統計学の応用分野)を専攻、修士号取得
2008年 社会人として大道芸人の活動を継続しながら、環境学研究科博士課程に編入学、研究指導認定退学

■職歴
2005年 プロ大道芸人としての活動を開始
2014年 高齢者向けの講演活動、介護施設での慰問レクリエーションを開始
NPO法人スマイリングホスピタルジャパンのメンバーとして小児病棟の定期訪問を開始
2016年 法研より「笑って楽しい 高齢者レクリエーション」出版
2017年 高齢者向けの生きがいづくり講座を主催
2018年 介護予防の体操を監修

■取得資格
レクリエーション介護士2級
認知症介助士
Dr.カタリアスクール認定笑いヨガリーダー

■所属学会
日本笑い学会
アートミーツケア学会

田久 朋寛:ヨガ・ピラティスインストラクター

(田久 朋寛:ヨガ・ピラティスインストラクター)

<関連記事>

細菌やウイルスから身を守る免疫力を高める方法とは?

介護予防のキーワードは「楽しく集える場を作る」こと。高齢化社会のいま、取り組むべきこととは?

冬に爪が割れる…保湿が爪先美人の第1歩。でこぼこや縦線の予防にも効果


jijico_logo

JIJICO
JIJICOでは、弁護士、公認会計士、税理士、社労士、医師、ファイナンシャルプランナー、心理カウンセラーなどの専門家が話題のニュースを独自の視点で徹底解説。メールアドレスの登録だけで編集部厳選のピックアップ記事が配信されます(無料)。