エンタメ

【スピリチュアル・ビートルズ】武道館に行った志村けんさん コロナ影響で再注目される「イマジン」

武道館で行われたビートルズ東京公演の様子。(写真:共同通信社)
武道館で行われたビートルズ東京公演の様子。(写真:共同通信社)

 2020年3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で、人気コメディアンの志村けんさんが亡くなった。享年70。その志村さんは知る人ぞ知る大のビートルズファンで、1966年のビートルズ来日の際に武道館公演に行ったことが知られている。

 当時、高校2年生だった志村さん。「チケットはぼくも持っていなかった、最初は。でも同級生の女の子が手に入れた。そこでぼくは「お前が行くより俺が行くほうがいい。俺のほうがビートルズを好きなんだから。見たら教えるから」とかなんとか言って強引にチケットを譲らせた」と志村さんは語っていた(2006年8月21日放送のNHKのドキュメンタリー番組「来日40周年 ビートルズの103時間」)。

 志村さんが行ったのは7月2日、つまり最終日のコンサートだった。「とにかくドキドキしていた。でも短かったな。アンコールなしにさっと帰ってしまって。あっという間の出来事だった」と志村さん。電車に乗って帰る時、周りを見渡しても誰も興奮していないことから、頭に血が上っていた志村さんはなぜか急に「孤独感」を感じたという。

 ビートルズのマッシュルーム・カットに影響され、その頃から長髪にし始めた志村少年。卒業写真では、ビートルズがレコード・ジャケット写真などで着ていたように、タートルネック姿で写っていた。そんな志村さんも1年半経って高校を卒業すると、ドリフターズに弟子入りするのである。しかし不思議な縁である。ビートルズの日本公演の前座をドリフターズも務めていたからだ。ドリフターズは「ロング・トール・サリー」を歌っていた。

 ビートルズたちも、新型コロナウイルスの世界的蔓延の影響からは逃れられない。

 リンゴ・スターは3月27日、今春に予定されていた北米ツアーを来年に延期すると発表した。延期決定はとても厳しいことだったが、私たち皆にとって今の現実はそういうことなのだ、とリンゴ。「ぼくもあなた方と同様に外出しない」。

 また、ポール・マッカートニーがヘッドライナーを務めることが決まっていた、6月27日開催予定だった英国の世界一の規模を誇る野外ロック・フェス「クラストンベリー・フェスティバル」が、新型コロナウイルスの影響から今年は中止されることになった。

 ポールは5月下旬から6月中旬にかけてフランス、オランダ、ドイツ、イタリア、スペインを回る欧州ツアーを予定しているが、延期もしくは中止は必至の情勢だ。

 ジョージ・ハリスンが設立した「マテリアル・ワールド財団」は、新型コロナウイルスがまん延する中で、支援をしている3つの慈善団体――ミュージケアのCOVID-19救済財団、非政府組織セーブ・ザ・チルドレン、国境なき医師団――に50万ドルを寄付した。

 そしてさらなる資金を集めるためにキャンペーンを始めた。新しいビデオによって、世界中のユーザーとビートルズ時代のジョージの作品「ジ・インナー・ライト」の歌詞、ヴァース、コーラスをソーシャル・メディア(SNS)で共有。誰かがそのビデオにハッシュタグを付けて投稿するたびに、1ドルずつ新型コロナウイルスまん延の影響を受けている人たちの救済のために寄付される。最大10万ドルの資金が集まる見込みだ。

 ジョージの妻オリビアは声明を出した。「ジョージが歌ったこれらの歌詞(ジ・インナー・ライト)は、隔離され、あるいは隔離を促す要請を尊重するがゆえに孤立しているすべての人々にとってポジティブな助言です。この困難な時期に(隔離されたままでも)つながりましょう。私たちにできることとして“内なる光”を共有すべく、みなさんを迎え入れます」。

 彼らの息子ダニーが「ジ・インナー・ライト」をカバーしている動画も公開された。

 ソーシャル・メディア上では、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの作品「イマジン」(71)が再び注目を集めている。イスラエルの女優ガル・ガドット率いる大勢のセレブたちが「イマジン」をカバーし歌いつなぐ動画をインスタグラムに公開したことがきっかけだ。

 動画は「新型コロナウイルスの感染拡大が世界に広がっている。人種や国籍を超えて、みんなで乗り越えよう」というメッセージで始まり、「イマジン」が歌いだされる。それをつないでいくのが、ノラ・ジョーンズ、ナタリー・ポートマンらのセレブたち。

「イマジン」が収録されたアルバム『イマジン』。
「イマジン」が収録されたアルバム『イマジン』。

 「イマジン」は米国のヒットチャートに再浮上している。3月28日の週の「ビルボード」のホット・ロック・ソングズ・チャートに15位で再登場した。また3月19日の週には、この楽曲は130万回のストリームを記録したという。

 ジョージとジョンはすでに鬼籍に入っている。今年でリンゴは80歳、ポールも78歳になる。立派な高齢者である。心配だ。

(文・桑原亘之介)