ライフスタイル

子どもと一緒に自宅で遊ぼう!親子でできる入門大道芸4選

子どもと一緒に自宅で遊ぼう!親子でできる入門大道芸4選 画像1

外出自粛の今だから始めてみたい自宅でもできる大道芸

新型コロナウイルスの影響により、緊急事態宣言が出されました。外出自粛要請に伴い、子どもが自宅で過ごす時間が長くなりました。子どもを外で遊ばせることができず、運動不足や気持ちの発散の場が少なくなることを心配する保護者も多いのではないでしょうか。様々なイベントで見かける大道芸も今は中止となっていることが多いですが、大道芸の中には、子どもにも始めやすい技もたくさんあります。この記事では、子どもが自宅でもできる入門大道芸を4つ紹介します。親子で一緒に始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめの入門大道芸4選

この記事でおすすめする大道芸は以下の4つです。

・皿回し
・カップスタッキング
・ボールジャグリング
・バルーンアート

おすすめジャンルを選ぶ際には、以下のポイントを基準にしました。

・室内でもできる
・音がうるさくない
・子どもにとってもハードルが低い

室内で遊ぶ場合、家電製品や家具を破損することがないよう、失敗しても遠くまで道具が飛んでいかないことが重要です。また、子どもが飽きてしまわないように、最初の技を覚えるのが難しくないものを中心に選びました。音も比較的小さなものを選んでいますが、全く無音ではありませんので、夜間に行う際は周囲へ十分ご配慮ください。

実は技も多彩な皿回し

最初におすすめするのは、皿回しです。棒を使って皿を回す最も基本的な技は、要領のいい人なら1日でマスターできます。皿回しは近年発展が著しく、ジャグリングの要素を組み合わせた多彩な技が次々と開発されています。2018年のジャグリング世界大会では、皿回しを披露した日本人が優勝しました。皿回し専用の皿と棒は、インターネット通販サイトで購入できます。

皿回しの入門動画

ピラミッドを作る時間を競うカップスタッキング

カップを10個用いてピラミッドの形状に並べるスピードを競うのがカップスタッキングです。狭いスペースでも遊ぶことができます。子どもにとっても覚えやすく、上達が時間の短縮という形で見えやすい面でもおすすめです。公式記録を競う世界大会もあります。カップスタッキング専用カップはインターネット通販で購入できます。紙コップで代用する場合は、摩擦でくっついてしまい、やりにくいことがあります。約1センチ幅に切った厚紙をを紙コップの底の部分に沿うようにまきつけ、セロテープで固定すると、コップがくっつきにくくなります。

大道芸の王道・ボールジャグリング

上の2つより少し難易度が上がりますが、ボールジャグリングもおすすめです。大道芸では必ずと言っていいほど見かける芸ですので、ぜひ挑戦してみてください。おじゃみを用いた日本の伝統的なお手玉とジャグリングでは投げ方が異なります。3つのボールのジャグリングの基本技は「カスケード」という名前です。クラブ(こん棒)、リングなど、3つ以上のものを投げるジャグリングのすべての基本となります。本格的にジャグリングを始めたい場合、まずはこの技に挑戦してみてください。

ボールジャグリングの入門動画

犬だけでないバルーンアート

最後に取り上げるのはバルーンアートです。ショッピングモールでバルーンのプレゼントをもらって嬉しそうにする子どもの表情は本当に可愛らしいですよね。バルーンアートに親子で一緒に挑戦するのもおすすめです。まずは定番の犬を作れることを目標にしてください。犬以外にも様々な作品を作ることができ、想像力次第で無限に作品を生み出せるのがバルーンアートの大きな魅力です。バルーンを膨らませるのに必要なポンプの扱い方や、膨らませたバルーンの先端の結び方は、未就学の子どもには難しい場合がありますので、必要に応じて大人が補助してください。また、大道芸でバルーンを口で膨らませるのを見かけますが、口で膨らませるのはやめましょう。特殊な技術が必要ですし、飛沫感染による感染症を防ぐことが重要です。

遊びではぐくむ自己効力感

新型コロナウイルスの影響が大きくなり、子どもにも不安が広がりつつあります。不安な状況が長く続く環境でも健やかに発達していくためには、自己効力感が重要です。自己効力感とは、困難があったときに

・やり遂げることができる
・自分なら乗り越えていける

と思える感覚です。遊びを通じて自己効力感をはぐくむことができます。自宅で親子で楽しく遊ぶ時間もぜひ大切にしてください。

<筆者略歴>

子どもと一緒に自宅で遊ぼう!親子でできる入門大道芸4選 画像2

田久 朋寛:ヨガ・ピラティスインストラクター ■来歴
1998年 千葉県立船橋高校卒業
2003年 京都大学経済学部卒業
2005年 京都大学大学院人間・環境学研究科にて計量経済学(統計学の応用分野)を専攻、修士号取得
2008年 社会人として大道芸人の活動を継続しながら、環境学研究科博士課程に編入学、研究指導認定退学

■職歴
2005年 プロ大道芸人としての活動を開始
2014年 高齢者向けの講演活動、介護施設での慰問レクリエーションを開始
NPO法人スマイリングホスピタルジャパンのメンバーとして小児病棟の定期訪問を開始
2016年 法研より「笑って楽しい 高齢者レクリエーション」出版
2017年 高齢者向けの生きがいづくり講座を主催
2018年 介護予防の体操を監修

■取得資格
レクリエーション介護士2級
認知症介助士
Dr.カタリアスクール認定笑いヨガリーダー

■所属学会
日本笑い学会
アートミーツケア学会

田久 朋寛:ヨガ・ピラティスインストラクター

(田久 朋寛:ヨガ・ピラティスインストラクター)

<関連記事>

ローズオイルとローズウォーターの殺菌抗菌効果で手肌を清潔に

免疫力アップに必要な体温維持。ウィルス対策に最適な室温維持と暖房機器の使い方、運動など

シニア向け脳トレのススメ 自宅でできる脳や体によい習慣3選


jijico_logo

JIJICO
JIJICOでは、弁護士、公認会計士、税理士、社労士、医師、ファイナンシャルプランナー、心理カウンセラーなどの専門家が話題のニュースを独自の視点で徹底解説。メールアドレスの登録だけで編集部厳選のピックアップ記事が配信されます(無料)。