ライフスタイル

「私の家政夫ナギサさん」で注目される母娘問題。キャリア女性が母親との関係を見直し、自分らしく生きる方法とは?

「私の家政夫ナギサさん」で注目される母娘問題。キャリア女性が母親との関係を見直し、自分らしく生きる方法とは? 画像1

娘の幸せを願うがゆえの母親の言動が、娘にとっては重荷に―。いわゆる〝毒親〟とまではいかなくとも「母親といると何だか疲れる」という女性は少なくありません。連続ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系・毎週火曜放送)で注目されたのも、主人公・メイと母親との関係性です。「やればできる子」と言われ続け、母親の期待を一身に背負って育ったメイ。バリバリ働くようになったら、「仕事と家事が両立できる子になって」と、苦手を克服するように求められます。

そんな母親に代わり、ありのままのメイを受け止め、励ましてくれる家政夫のナギサさん。メイの姿に自分を重ね「できない自分も認めてほしかった」と、自身の本心に気付いた女性もいるようです。大人になった娘が母親との関係を見つめ直し、自分らしく生きる方法とは? 女性を応援する生き方・働き方カウンセラーの鵜飼柔美さんに聞きました。

自分の分身のように「わかってくれる」という期待が、愛情のすれ違いを生む原因に。大人の母娘は「濃すぎる関係を薄くする」くらいでちょうどいい

Q: メイの母親は、自分ができなかった仕事や家事スキルの向上を娘に望み、「やればできる子」と伝え、鼓舞し続けました。一方で、メイはこれを〝呪いの言葉〟と捉えていました。なぜ〝呪い〟と感じてしまったのでしょう。
——–
「やればできる」という言葉には、「励みになる」「負担になる」両方の側面があったと思います。
少なくとも「あなたは何をやってもダメ」と言われるより、自分を信頼してくれていることは伝わります。メイが仕事で発揮する、ここぞというときの粘り強さは、母親の言葉が生きているのでしょう。

問題は、苦手なことも「やればできる」と言われたこと。完全無欠であることを求められ、逃げ道がないように思わせてしまったのです。

メイが「仕事ができない私なんて価値がない」というシーンがあります。これは、母親の言葉を「できる」「できない」が全てと捉え、「自分は結果だけを期待されている」と受け止めてしまった可能性があります。母親にそんなつもりはなく、いわば愛情のすれ違いです。

自己肯定感を育む上では、結果だけでなく、自分がどのようにがんばったか、プロセスを理解することが大切です。母親が「できる」という言葉に加えて「あなたはこういう風にがんばった」「こういうがんばり方をするからこれができる」など、本人らしさを伝えていれば、〝呪いの言葉〟にはならなかったかもしれません。

Q:母親にとって娘の存在とは? なぜ、これほど期待を寄せてしまうのでしょう。
——–
母親から見て息子や夫は、異性だという〝あきらめ〟があります。一方、娘に対しては、いわば同じメス同士、同類のような感覚がある。特に長女は、母親にとって最初の同性の子どもであるため、女性としての自分を投影し、期待を寄せてしまいがちです。

ドラマでは、メイの妹は大学を中退し、姉より先に実家を出て行きました。現実の世界でも、自分が兄弟姉妹の中で〝最後の砦〟になってしまい、その分まで「お母さんを悲しませてはいけない」というプレッシャーを感じて、がんばってしまう長女は少なくありません。

メイの妹は、母親と音信不通という形をとりました。こちらは一見、母親に縛られなかった娘に見えますが、堂々と対決できなかったのは「母親の期待に応えられなかった」という罪悪感があったと考えられます。母親にとって娘が特別であるように、娘もやっぱり母親のことを思わずにはいられないのです。

Q:娘が母親の言葉をネガティブに受け止めるのに対し、母親は「そんなつもりで言ってない」ということがあります。こうしたすれ違いが起こる原因は?
——–
母親が、子どもがどう捉えるかより、自分の言いたいことを優先してしまうのは、近すぎる関係性ゆえの甘えです。一方、悪いように受けとる娘も、自己肯定感の低さなどが影響し、母親だったらもっと自分を理解し、ほめてほしいと思っている。

母親は「いい意味にとってほしい」、娘は「いいように言ってほしい」。身内だからこそ、お互いに「わかるだろう」という期待が強すぎるのです。

たとえ親子でも、生きた時代や価値観は全く違います。「母親だからわかってくれる」「娘だからわかってくれる」という期待は捨てた方がラクになります。「お母さんと違って私は感受性が豊かだから」などと伝えていくうちに、お互いの違いに気付き、すれ違いが緩和されるかもしれません。

大人になった娘と母親は、親子というより、いわば人生の先輩と後輩です。濃すぎる関係を薄くするくらいで、ちょうどいいのです。

Q:大人になってから、何かのきっかけで、母親の〝呪いの言葉〟が解けることもあるのでしょうか。
——–
母親以外の人、例えば友人や上司、同僚などと新たな人間関係を築いていく中で、自分の持ち味が認められ、ありのままの自分を受け入れてもらったとき、母親の言葉や価値観が全てではないことに気付くでしょう。

メイの場合も、ナギサさんが彼女の努力する姿勢を理解し、プロセスを認めてくれたことで呪いが解けました。ある意味〝呪いの言葉〟に縛られて、逃げずに努力してきたことが職場でも評価され、自分の持ち味だと認識してポジティブに変換できたのです。

Q:メイの母親は結婚後、自分の意に反して専業主婦になっています。母親が子どもに無理な期待をかけてしまうのは、母親自身が抱える問題も影響しているのでしょうか。
——–
女性が働く環境は、この30年で大きく変わりました。当時は「寿退社、女の花道」といわれた時代。母親神話も根強く、子どものものは母親の手製が当たり前。メイの母親のように、専業主婦で家事が苦手であれば、相当肩身の狭い思いをしたはずです。

自身のコンプレックスやキャリアへの未練から、娘に同じ苦労をさせまいと忠告を繰り返したことが、意図せず娘の負担になってしまった。ただ、これは母親1人の問題だけでなく、家事も育児も女性に完璧を求め過ぎた、日本の社会問題を投影しているともいえます。

子どものためには、母親自身も自分をおろそかにせず、ありのままの自分を受容することが大切です。

メイが幼少期に「大きくなったらお母さんになりたい」と言ったとき、母親は「くだらないことを言わないで」と、娘の夢を切り捨てました。ですが、もし「どうしてお母さんになりたいの?」と尋ねていたらどうだったでしょう。「お母さんはとっても優しいから」と、娘は言ってくれたかもしれません。

自分はこんな時代に家事ができないダメな母。でも、そんな自分を娘は無条件に愛してくれる。そのことに気付いていれば、母親も自らの〝呪い〟から解放されたかもしれません。

Q:「いい娘、いい社員でいるためにがんばりすぎてしまう」という女性は多いです。自分らしく生きるために必要な考え方とは?
——–
いい娘、いい社員でいようと努めるのは、社会性が高いからであり、決して悪いことではありません。

問題は、自分の気持ちを無視して、家族や組織に尽くし過ぎていないかどうか。「誰のために、いい娘、いい社員でいるのか」「それを私自身が願っているのか」を、自分に問いかけてほしいのです。

そのためには、常に「私」を主語に考えること。同じ行動でも、主体的か否かで、ストレスのかかり方が違います。

例えば、母親への連絡は「お母さんが寂しがっているだろうから」と、期待に応えようとするのではなく「私がしたいときにする」。次第に話さないことに慣れ、親の期待感も薄れてきます。母親が「いつまでも娘をあてにできない」と認識することは、母親自身のセカンドキャリアを考える、いいきっかけにもなります。

「私がいないとお母さんが困る」と思うかもしれません。ですが、母親には、老いを認めたくないために「まだ子どもには頼らない」という思いも残っているものです。「何かあったら言ってね」と声をかけておき、あとはマインドの部分で通じ合っていればいいのです。

自分の行動に主体性を持つと「自分らしさ」が発揮できます。そして、自分のアイデンティティーが確立すると、同じように自立したパートナーと出会い、お互いに自分らしく、いいパートナーシップを築くことができます。

母親や他者の望みに沿って生きる必要はありません。自分の人生のハンドルは、自分で握りましょう。あなただけの道は必ず切り開かれます。

<筆者略歴>

「私の家政夫ナギサさん」で注目される母娘問題。キャリア女性が母親との関係を見直し、自分らしく生きる方法とは? 画像2

鵜飼 柔美:キャリアカウンセラー 1987年に産業カウンセラー2級資格を取得するも、結婚、出産、商家の嫁としての役割を生きるなかで自分自身の生き方を探し始め、カウンセリングの学びを再開。2007年フリーランスとして開業。企業内相談室、大学学生相談室、就労支援施設等で延べ1万人を超えるメンタルやキャリアに関する相談を担当。
2016年親の介護問題でワークライフバランスを見直し関東へ転居。
2017年箱庭体験ができるカウンセリングルームを開設。
2019年現在1級キャリアコンサルティング技能士、日本産業カウンセラー協会認定講師として産業カウンセラー及び国家資格キャリアコンサルタントの育成に関与。

鵜飼 柔美:キャリアカウンセラー

(鵜飼 柔美:キャリアカウンセラー)

<関連記事>

ヒット曲、瑛人の「香水」からひも解く〝香りと記憶〟のメカニズム 嗅覚がおよぼす心や体への影響

自粛解除でも「家にこもりたい」 コロナでひきこもりに変化?及ぼす影響とは?

青木さやかが抱いた母への確執、抵抗しながらも迎えた最期のとき。多くの女性が悩み共感する母娘の関係性とは


jijico_logo

JIJICO
JIJICOでは、弁護士、公認会計士、税理士、社労士、医師、ファイナンシャルプランナー、心理カウンセラーなどの専門家が話題のニュースを独自の視点で徹底解説。メールアドレスの登録だけで編集部厳選のピックアップ記事が配信されます(無料)。