エンタメ

【映画コラム】ハリウッド映画とは一線を画する、新たな映画の真骨頂『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』

【映画コラム】ハリウッド映画とは一線を画する、新たな映画の真骨頂『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』 画像1

 変貌するサンフランシスコを舞台に、ひたすら“ある家”にこだわる一人の黒人青年の姿を通して、移民やマイノリティーの問題、都市開発によって取り残された人々の姿を描いた『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』が、10月9日から公開される。

(C)2019 A24 DISTRIBUTION LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

 サンフランシスコに生まれ育った黒人のジミー(ジミー・フェイルズ)は、祖父が建て、幼い頃に家族と暮らした、高級住宅街にあるビクトリアン形式の家を愛していた。

 ある日、その家が売りに出されたことを知ったジミーは、再びそこに住むために奔走する。そんなジミーの思いを、親友のモント(ジョナサン・メジャース)は静かに支えるが、やがて、彼らはある真実を知ることになる。

 本作は、『ムーンライト』(16)を製作した映画スタジオ「A24」とブラッド・ピットが率いる「プランB」が再びタッグを組んだもので、監督・脚本のジョー・タルボットは、これがデビュー作となった。ストーリーは、タルボットと主演のフェイルズが実際に体験したことを基にしているという。

 タルボットが、本作の根本について「多くの財産は持たなくても、かけがえのない友がいて、心の中には小さいけれど守りたい大切なものを持っている。それだけで人生はそう悪くないはずだ」と語るように、大筋はジミーとモントの友情物語なのだが、もう一つの核として、サンフランシスコという街の、変化の様子が映る。

 例えば、本作では、1967年にスコット・マッケンジーが発表した「花のサンフランシスコ」が反意的に歌われる。当時、フラワーチルドレンと呼ばれたヒッピーたちの賛歌だったこの曲が、今は全く違う響きを持って聴こえてくる皮肉。そして、スケートボードに乗ったジミーが、名物の急坂を一人寂しく下るシーンなどに象徴される街の衰退ぶりが目を引く。