エンタメ

【芸能コラム】女性たちの心をわしづかみにした「愛の不時着」 ポイントは「保護者のような深い愛情」と「有言実行」

【芸能コラム】女性たちの心をわしづかみにした「愛の不時着」 ポイントは「保護者のような深い愛情」と「有言実行」 画像1

 年末年始は、自宅でゆっくり過ごす人も多いだろう。そんな中、まだ見ていないという人にお薦めしたいのがNetflixで配信中のドラマ「愛の不時着」だ。韓国の女性と北朝鮮の将校との間に芽生えたロマンスを、ヒョンビンとソン・イェジンという2大スターが演じた本作は、「2020年 日本で最も話題になった作品TOP10」(Netflix発表)で、見事1位を獲得。今年の「ユーキャン 新語・流行語大賞」トップ10にも選出された。 そんな本作が、韓流ドラマのファンのみならず、「普段、韓国ドラマはあまり見ない」という層まで引きつけた理由は一体何なのか、その要因を探ってみた。

ユン・セリ(左)とリ・ジョンヒョク Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中

 本作は、パラグライダー中に思わぬ事故に巻き込まれ、北朝鮮に不時着してしまった韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)と、そこで出会った堅物の将校リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)の物語だ。

 驚くのは、ラブストーリーでありながら、ラブシーンが非常に少ない、ということ。ベッドシーンに至っては皆無だ(添い寝はあるが…)。キスシーンも全16話の中で、5回ほどしかなく、最初のキスはハプニングによるものだった。

 それでも、胸が締め付けられるほど視聴者が夢中になったのは、主人公2人の関係性が、打算的な恋愛に疲れた今の女性たちが、無意識に求める“純愛”だったからではなかろうか。

 劇中では、食事が愛情表現の一つにもなっている。例えば、2話では、空腹のセリのために、ジョンヒョクがトウモロコシの粉を使った麺料理「ククス」を振る舞うシーンが登場する。

 最初は、警戒心から口をつけなかったセリだが、その後、ジョンヒョクと、彼が率いる第5中隊員たちと打ち解けていくと、持ち前のわがままぶりを発揮。「私は1日2食、お肉を食べるの」と食事に注文を付け始める。そんなセリの要望に応えるべく、ジョンヒョクは塩漬けされた肉を取り出して焼いてやるのだった。

 4話では、ジョンヒョクが買ってきた貝を、隊員たちと一緒に庭で焼いて食べる場面があった。最初は「ブイヤベース以外の貝料理は食べたことがなくて…」と乗り気でなかったセリだが、貝と、そこに注いだ焼酎の味に夢中になると、ジョンヒョクもうれしそうにほほ笑んだ。

 その後も、市場でコーヒー豆を手に入れ、自宅で焙煎してコーヒーを入れるなど、かいがいしくセリの世話をするジョンヒョク。セリのために、闇市で韓国製の化粧品、シャンプー、下着まで調達してくるなど、世話好きな一面は当初からあったが、見知らぬ土地で不安を抱えたセリに見せる優しさは、何もかもを包み込んでくれる、保護者の愛にも似ている。

 そして、ジョンヒョクの魅力を語る上で外せないのが、その行動力だ。セリがジョンヒョクに内緒で、パラグライダーで韓国に帰ろうとする4話でのシーン。セリを追って山まで来たジョンヒョクは、セリの使っていたトランシーバーがオンになっていたことから、「10分以内に偵察隊がここに来る」と、緊急事態であることを察知すると、混乱するセリを抱きかかえて一気に崖から飛び降りる。

 いちかばちかの行動だったが、パラシュートは無事に開く。「本当は感謝しているの…」とつぶやくセリに、「分かっている」と、穏やかに応えるジョンヒョクの優しさに胸キュン必至のシーンだ。

 6話では、帰国を目指し、空港に向かうセリが乗った車を、武装トラックが襲う。そこにひそかにバイクで並走していたジョンヒョクが登場。武装トラックと激しい銃撃戦を繰り広げたジョンヒョクは、セリをかばって自身が撃たれてしまう…。

 「僕の見えるところにいてくれ」「安全だ、見えている間は」とセリに伝えていたジョンヒョクの、まさに有言実行ともいえる名シーンが胸を打つ。それと同時に、前日のピクニックに、ジョンヒョクが遅れて参加したのは、万が一に備え、バイクの補強と銃の調達を行っていたためだったことも判明。その冷静な判断力もまた魅力の一つだ。