エンタメ

【洋楽を抱きしめて】70年代最大のヒット曲は? 正解は「恋するデビー」

『YOU LIGHT UP MY LIFE (40TH ANNIVERSARY EXPANDED EDITION)/デビー・ブーン』(輸入盤)
『YOU LIGHT UP MY LIFE (40TH ANNIVERSARY EXPANDED EDITION)/デビー・ブーン』(輸入盤)

 1970年代最大のヒット曲は何か? 米ビルボード誌が2014年に発表したところによると、70年代ヒット・チャートの首位に輝いたのは、デビー・ブーンの「恋するデビー(You Light Up My Life)」。ちなみに2位がロッド・スチュワートの「今夜決めよう」、3位がシックの「おしゃれフリーク」だった。

 デビー・ブーンは、「砂に書いたラブレター」などのヒット曲で有名な米歌手パット・ブーンの三女である。母親はカントリー・ミュージックのスター、レッド・フォーリー。デビーは14歳の時に、両親、3人の姉妹とともに活動を開始。「ブーンズ」は70年代半ばに、ABBAの「落ち葉のメロディ」などで、アダルト・コンテンポラリー・チャートをにぎわせた。

 デビーは姉たちが結婚し、妹が大学に進むと、自身のソロキャリアを模索する。そこで出会ったのが「恋するデビー」という楽曲だった。’77年9月3日にビルボードHOT100の71位に初登場。そして6週間後に首位を獲得し、その座を(当時)史上初となる10週連続して守ったのである。デビー弱冠21歳の時のことである。

 デビーの快挙について父パットは次のように語っていた。「娘が初めてのレコードで、私のした以上のことを成し遂げるなんて、本当にセンセーショナルなことだったよ」。

 「恋するデビー」はジョー・ブルックスの作詞・作曲で、プロデュースも兼ねていた。この作品は同名映画(邦題「マイ・ソング」)のために書かれたものだったが、デビーのバージョンは使われず、ケーシー・シジックの歌がサントラに収録されていた。

 「恋するデビー」の日本盤シングルのライナーノーツによると、ショーン・キャシディやリーフ・ギャレットなどを売り出して、スター作りの名人といわれるマイク・カーブのプロダクションで制作しており、売り出し作戦に抜かりはないでしょう、と言われていた。

 邦題だけでは分かりにくいが、原題の「You Light Up My Life」とその歌詞を読んでいくと、単なるラブソングにとどまらない「深み」にも気づかされる。夢を心に秘めて幾晩も一人で待っていた、暗闇の中ひとりでそこに現れたのがあなた、あなたは私の人生を照らしてくれた、何とかやっていく希望をくれた、とあなたへの感謝にあふれた歌詞。

 この歌詞の「あなた」を、単なる恋人や恩人ではなく、「神」ととらえることも出来ないだろうか。デビー自身も「神」を感じていたという発言もある。そのことが、この楽曲に深みを与え、より多くの米国人たちに訴える力をもたらしたのではないか。

 デビーが ’79年に結婚したガブリエル・フェラーは米国聖公会の聖職者である。「恋するデビー」の大ヒット後は、ミュージカルへの出演や子供向け絵本の作者として活動。公式ホームページによると、これまでに13枚のアルバムを発表し、最新作は60年代のラスベガスへのトリビュート・アルバムといえる『スウィング・ディス』だという。

文・桑原亘之介