エンタメ

【映画コラム】緊急事態宣言の中、公開にこぎつけた『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』『ジェントルメン』

【映画コラム】緊急事態宣言の中、公開にこぎつけた『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』『ジェントルメン』 画像1

 今回は、緊急事態宣言の中、細々とではあるが、5月7日の公開にこぎつけた映画を2本紹介する。まずは、“もう一つの世界”に迷い込んだ主人公を描いた『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』。

(C)2018 / ZAZI FILMS – MARS CINEMA – MARS FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 3 CINEMA – C8 FILMS

 高校時代に知り合い結婚したラファエル(フランソワ・シビル)とオリビア(ジョセフィーヌ・ジャピ)。だが、結婚10年目を迎え、SF作家として成功したラファエルと小さなピアノ教室を開くオリビアとの間ではすれ違いが続き、ある日2人は大げんかをする。

 翌朝、目覚めたラファエルは、自分がしがない中学教師で、オリビアが人気ピアニストになった“もう一つの世界”に迷い込んだことを知る、というパラレルワールド話。

 ユーゴ・ジェラン監督は、フランク・キャプラ監督の『素晴らしき哉、人生!』(46)やハロルド・ライミス監督の『恋はデ・ジャブ』(93)、リチャード・カーティス監督の『アバウト・タイム~愛しい時間について~』(13)などを参考にしたという。

 ただ、別世界では妻は自分を知らない。彼女の魅力を再発見して、必死に振り向かせようとする主人公の奮闘ぶりを見せる、という点では、ブレット・ラトナー監督の『天使がくれた時間』(00)、あるいはジャック・フィニイの小説『夢の10セント銀貨』の方が近いかもしれない。

 そうしたアメリカ映画を参考にしたためか、この映画は、フランス映画にありがちな理屈っぽさや皮肉がなく、サラリと見られるところがいい。シューベルト、ショパン、バッハなどのクラシックの引用も効果的に使われていた。

 そして、こうしたパラレルワールド話の肝は、実は主人公の秘密を知る理解者の存在にあるのだが、この映画でも、主役の2人(ジャピがチャーミング!)に加えて、ラファエルの秘密を知っている親友役を演じたバンジャマン・ラベルネがいい味を出している。