エンタメ

【映画コラム】地球規模の大問題を描きながら、どこか能天気な『コンティニュー』と『グリーンランド 地球最後の2日間』

【映画コラム】地球規模の大問題を描きながら、どこか能天気な『コンティニュー』と『グリーンランド 地球最後の2日間』 画像1

 今回は、6月4日から公開される、地球規模の危機を描きながら、どこか能天気な、いかにもハリウッド映画らしい2本の映画を紹介しよう。

 まずは、『コンティニュー』から。

(C)2019 Georgia Film Fund 72, LLC All Rights Reserved

 朝、目覚めた瞬間から謎の殺し屋たちに襲われ、殺され続ける元デルタフォース特殊部隊員のロイ(フランク・グリロ)。ところが、ロイは何度殺されても生き返り、同じ1日を繰り返す。

 ロイは、死のループから抜け出すために何度もトライ&エラーを重ねる中、科学者の元妻(ナオミ・ワッツ)からタイムループの鍵を握る極秘計画、コードネーム“オシリス”の手掛かりをつかみ、計画の責任者ベンター大佐(メル・ギブソン)を追い詰めていくが…。

 監督はハードアクション系の映画を得意とするジョー・カーナハン。ロイ=グリロが、違ったパターンで何度も殺される中で、手を変え品を変えながら、タフな動きを披露する。

 そして、大事を抱えながらどこか能天気な登場人物たちや、所々に配された小ネタも含めて、B級アクションのテイストが満載。ギブソンも悪の権化を楽しそうに演じている。

 ところで、主人公が何度も死にながら、そのつど生き返り、同じ日を繰り返すという設定は、トム・クルーズ主演の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)とも通じるが、この映画の方がアクションゲーム的な要素が強く、ロイの行動を見ながら、まるで、リセットを繰り返しながら、対戦型格闘ゲームのステージをクリアしていくような感覚に陥る。

 時のループという題材は、撮り直しや編集ができる映画向きだと思っていたが、こういう映画を見ると、むしろゲームとの相性の方がいいのかもれないと思った。