エンタメ

【洋楽を抱きしめて】復活したニール・セダカの「雨に微笑みを」

『Sedaka’s Back/Neil Sedaka』(輸入盤)
『Sedaka’s Back/Neil Sedaka』(輸入盤)

 「カレンダー・ガール」、「おお!キャロル」、「すてきな16才」(Happy birthday, sweet sixteen)、「悲しき慕情」(Breaking up is hard to do)、「かわいいあの娘」(Next door to an angel)、「間抜けなキューピッド」(Stupid cupid)、「悲しきクラウン」(King of Clowns)、「小さい悪魔」(Little devil)、「恋の片道切符」(One way ticket)etc.

 1950年代末から60年代半ばまで米ヒットチャートを席巻した感のあったシンガーソングライターのニール・セダカ。しかしその後、ビートルズらによる、いわゆるブリティッシュ・インベージョンのあおりも受けて、不遇をかこつこととなる。

 ニールは英国に行けばレコード制作の仕事にいい刺激になると考えて、家族とともに大西洋を越えて渡英する。そこでマネージャーのハーベイ・リストバーグのアドバイスで、のちの10ccのメンバーらとともにレコーディングに臨む。

 その結果出来たのがアルバム『ソリテアー』(Solitare)で英国では評判になった。もう一枚、10ccとタッグを組んで作ったのが『ピース・アンド・ラブ』(The tra-la days are over)というアルバムだったが、米国では発売すらされなかった。

 これに怒ったニールは次のアルバムをロサンゼルスで録音することにした。一流のミュージシャンをそろえてレコーディングされた意欲作だったが、米国のレコード会社は見向きもしなかった。このアルバムに収録されており、74年に英国のヒットチャートで15位まで上昇したのが「雨に微笑みを」(Laughter in the rain)だった。

 ニールと妻のレーバはロンドンで祝賀パーティを開いた。出席者にはエルトン・ジョンもおり、ニールは彼のロケット・レコードと契約させてくれないかと頼んだ。答えはイエス。そしてニールが10ccと制作した2枚のアルバムを編集してアメリカでアルバムを出すことにした。タイトルも「セダカズ・バック」――復活劇の始まりだった。

 米国での復活をかけた第一弾シングルは「雨に微笑みを」で、発売と同時にヒットチャートを上昇し、75年2月に首位を獲得した。ニールにとって、「悲しき慕情」以来13年ぶりの全米1位獲得となった。作詞者のフィル・コディによれば、何時間もアイデアが浮かばなかった後に突如5分くらいで書き上げてしまったという。

 同年、エルトンがバックボーカルで参加した「バッド・ブラッド」もヒットする。また、カーペンターズが取り上げた「ソリテアー」も人気を博した。

 さらにA&Mでファーストアルバムを制作中のキャプテン&テニールも『セダカズ・バック』に収録されていた「愛ある限り」(Love will keep us together)を気に入ってカバーし、4週間全米一位に輝いた。そして翌76年にグラミー賞を受賞した。

 85年、ニールは日本の人気テレビアニメ「機動戦士Zガンダム」の主題歌として「水の星へ愛をこめて」という楽曲を提供し、話題となった。森口博子が歌い、ガンダムソングの中でもとりわけ人気のある作品だという。

文・桑原亘之介