エンタメ

【洋楽を抱きしめて】3倍大きい女性!? コモドアーズの「永遠の人へ捧げる歌」

『ナチュラル・ハイ/コモドアーズ』 (ユニバーサルミュージック)
『ナチュラル・ハイ/コモドアーズ』
(ユニバーサルミュージック)

 「君は3倍大きい女性だね」なんて言われて喜ぶ女性がどれだけいるだろうか。まあ人間としての器が大きいという意味ならばともかく、体が大きいなんて意味で言われたら、その女性は傷ついてしまうだけでなく、セクハラかと思ってしまうだろう。

 黒人男性グループであるコモドアーズの1978年のヒット曲「永遠(とわ)の人へ捧げる歌」の原題は「Three times a lady」で、直訳すると「3倍の女性」となる。
 ではなぜ、「3倍」が「永遠」になるのだろうか。

 作詞・作曲を手掛けたライオネル・リッチーは、この歌を妻に捧げるために書いたという。彼の両親の37回目の結婚記念パーティの席での彼の父親による妻への感謝をこめたスピーチを聞いて感動して書き上げたのだという。

 サビの部分はこうだ。「You’re once, twice, three times a lady. I love you」。この中の「three times」の「times」を「倍」という意味でとらえるならば、「君はどんな女性にも匹敵しうる、いやその2倍、いやその3倍もの意味のある女性だ。愛している」という意訳も可能かと思われる。

 しかし、「once」に着目すると、この言葉には「一度」あるいは「かつて」という意味もある。「かつて」、そして「twice」が「二度目」あるいは「今再び」、「three times」が「三度目」というように解釈することも出来るのではないだろうか。

 すると歌詞はこうなる。「君はいままでも、そして今も、そしてこれからもずっと、とても大切な女性だ。愛している」。未来永劫愛するというのである。そうすると邦題「永遠の人へ捧げる歌」とも合致する内容となる。

 私は、何倍も愛している、という意味と、過去、現在、そして未来、すなわち永遠なる愛とを掛け合わせた歌詞ではないかと思っている。

 コモドアーズの母体は’68年に結成された。’71年からジャクソン・ファイブの前座を務めたことで彼らは知名度を上げた。そして’72年にモータウンと契約するのである。彼らは70年代半ばから80年代にかけてヒット曲を量産する。「スイート・ラブ」、「イージー」、「スティル」、「ブリック・ハウス」などである。

 中でも、静かなピアノで始まり、ボーカルとともに次第に音が重なっていき、最後はコーラスが入り、高らかにフィナーレを迎える「永遠の人へ捧げる歌」はコモドアーズ、そしてライオネル・リッチーの代表曲ともいえよう。

 ’78年のアルバム『ナチュラル・ハイ』に収録されている「永遠の人へ捧げる歌」は同年夏に全米ナンバーワンを記録している。

文・桑原亘之介