エンタメ

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十五回「栄一、もてなす」千代の「ぐるぐるいたします!」に込められた思い

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十五回「栄一、もてなす」千代の「ぐるぐるいたします!」に込められた思い 画像1

 来日した米国前大統領グラントを、突然自宅に迎えることになった主人公・渋沢栄一(吉沢亮)。しかも、予定は2日後。帰宅後、「どうすりゃいいんだ?」と頭を抱える栄一とは対照的に、妻の千代(橋本愛)は「いえ、なんという僥倖(ぎょうこう)でございましょう。あれほどのお方を、家でお迎えできるとは、こんな光栄なことはございません」と語る。そして娘の歌子(小野莉奈)らにてきぱきと準備の指示を出すと、あっけにとられる栄一に向かって、うれしそうにこう告げる。

 「ぐるぐるいたします!」

(左から)渋沢よし役の成海璃子、渋沢千代役の橋本愛、渋沢歌子役の小野莉奈

 11月14日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第三十五回「栄一、もてなす」の一幕だ。「ぐるぐるする」は、栄一の口癖で、ここでは千代がそれをまねたわけだが、意味としては「ワクワクする」「ドキドキする」といったところだろうか。

 来日したグラントを盛大に歓迎して国の威信を示し、日本が欧米と肩を並べる一等国となるための足掛かりをつかむ…。それが、栄一たちのもくろみだった。そんな一大行事の中で突然発生した「渋沢家訪問」というハプニング。

 百戦錬磨の栄一ですら頭を抱えたピンチに、千代は喜々として立ち向かい、飛鳥山の新居を利用した歓迎会は大成功。栄一に「お千代のあんな顔を見るのは、初めてだ」とまで言わしめた生き生きとした姿を見て、ある場面を思い出した。

 まだ故郷・血洗島で暮らしていた子どもの頃、千代が兄・尾高惇忠(田辺誠一)に「論語について教えてほしい」と頼んだことがある(第三回)。その際、惇忠から「女子のおまえが、そんなことを知ってどうする?」と尋ねられた千代は、強い調子でこう反論した。

 「女子とて人だに。千代も、人として、ものの理をちっとでも知っておきたいと思っただけです。それを、『知ってどうする』などとおっしゃるのは、兄さまの言葉とも思えねえ」

 この言葉に惇忠は「千代の申すことはもっとも」と謝り、「これからは暇を見つけ、おまえにもためになる言葉を教えよう」と考えを改めている。

 これを踏まえると、結婚以来、妻として栄一を支え続けてきた千代だが、その胸の内には、勉強熱心で「人の役に立ちたい」という幼い頃からの思いが秘められていた、と解釈できる。

 その思いを、表舞台で発揮する機会がようやく訪れたのが、このグラントの歓迎会だった、というわけだ。「ぐるぐるいたします!」の裏にそんな積年の思いがあったと考えると、より重みが増してくる。

 さらにこの一言は、今回の物語を振り返ってみると、また違った味わいも醸し出す。

 歴史の激変期を描く本作で、これまで物語を動かしてきたのは、栄一を中心とする男たちだった。千代たち女性はその周りにいる、という感じで、なかなか物語の中心にはなりづらかった。幕末はもちろん、明治維新後もその描き方は基本的に変わっていない。