ライフスタイル

出来るだけ効率よく本当に使える英語を身につけるには

出来るだけ効率よく本当に使える英語を身につけるには 画像1

多くの日本人が使える英語を身につけられていない現状

日本人のほとんどが最低6年間(中学~高校)は英語を学んでいるにもかかわらず、使える英語なるレベルに達している人はそう多くはいないのが現状です。
近年は幼児から大人までも塾や英会話スクールに通い英語の習熟に力を入れていますが、英検やTOEICなどで高得点を獲得しても『本当に使える英語』を身につけているか、というとまだまだのようです。

ではどうしたらそのレベルに到達することができるのでしょうか?
私は長年英会話教室を主宰してきていますが、その経験から出来るだけ効率よく身につける方法をお伝えしたいと思います。

自分の意見を英語で積極的にディスカッションすることが重要

具体的には次のようなステップを通して英語を使っていきます。
1:自分の意見をもつ
2:中学レベルの文法を使ってそれをwritingする
3:2の内容についてペアワーク、グループワークを経てクラスでディスカッションする
4;3の結果を踏まえて、もう1度論理的にエッセイを書き直す
5:4を基にプレゼンテーションをし、クラスメイトからコメントをもらう
(1,2,4は個人で、3,5は仲間と一緒にする勉強)

日本人の英語学習において最も不足していることは、圧倒的に使うトレーニングです。
机上の勉強も大切ですが、英語はことばである以上、実際に使いながら身につけていくべきものです。
使うトレーニング無しで、実際に英語を使って世界の人と話し合うことなどできるはずがありません。

そしてそのトレーニングと同じくらい大切なことは、自分の意見をもっているか、同時に理由も言えるかということです。
そのためには普段からディスカッションをして、自分の意見を言うだけではなく、他人の意見も聞きながら、建設的な会話を継続させることができるようにならなくてはなりません。

日本人は準備してきたことを発表することはできても、その場で考えて発言することはあまり得意ではありません。
授業中に先生が突然 ‘What do you think about this?’ と意見を求めてきたらあなたは何の躊躇もなく‘I think ……because….’と答えられるでしょうか?
上記のようなトレーニングを積んでいないとほぼできないのが現状だと思います。
人の意見を聞きながら、同時に疑問や自分の意見を考えることは英語の特徴である展開の速さに対応できる『瞬発力』を身につけるトレーニングそのものなのです。

上記1~5の右脳的なトレーニングを私が経営するスクールでは行っています。
しっかりと使える英語を身につけているので、留学しても、仕事で海外に行っても困ることがありません。
彼らは「面白い意見をもっているね」「英語をどこで身につけたの?」という質問をよくされるそうです。
『本当に使える英語』を身につけた人は自分の意見をきちんと言える人なので、世界中どこに行っても魅力的で良い人間関係を築くことができます。
みなさんもぜひ上記のトレーニングを行って世界で活躍してくださいね!

                                 

<筆者略歴>

出来るだけ効率よく本当に使える英語を身につけるには 画像2

野中 ゆかり:英語・英会話指導講師

野中 ゆかり:英語・英会話指導講師 大学では英米文学を専攻、OL生活を経験した後に大手英会話教室の講師として11年間勤める。アメリカへの子連れ留学から帰国後、34歳で ICH English School を立ち上げた。現在も自分にしかできないことを探し求め続けるとともに、育ててくれた人たちへの感謝の気持ちを忘れずに、果敢なチャレンジを続けている。

(野中 ゆかり:英語・英会話指導講師)

<関連記事>

指導力に疑問、英語教員に求められる姿勢

TOEFLスコアを飛躍的に伸ばす勉強法

政府が支援「短期留学」の教育的効果

jijico_logo

JIJICO
JIJICOでは、弁護士、公認会計士、税理士、社労士、医師、ファイナンシャルプランナー、心理カウンセラーなどの専門家が話題のニュースを独自の視点で徹底解説。メールアドレスの登録だけで編集部厳選のピックアップ記事が配信されます(無料)。