【新型コロナ】最新ニュース

3レベル別に感染症対策、文科省 学校ごとに対応判断を要請

 新型コロナウイルス感染による休校から再開する学校が相次いでいることを受け、文部科学省は22日、学校が取り組むべき衛生管理マニュアルを作り、全国の都道府県教育委員会などに送った。感染状況で3レベルに分け、学校ごとに対応を決めるよう要請。状況が落ち着いている地域でも、1メートルを目安に子ども同士の間隔を設けるよう求めた。

 政府の専門家会議は都道府県を「特定警戒」と「感染拡大注意」「感染観察」の三つに区分。文科省は特定警戒相当の地域をレベル3、感染拡大注意と感染観察でも経路不明の感染者がいる場合などをレベル2、それ以外をレベル1とした。

 これまで、おおむね都道府県ごとに休校の有無が判断されてきたが、文科省は教委に、自治体の保健担当部署などと連携し、通学や教職員の通勤範囲を考慮し、より小さな生活圏の状況を把握するよう要請。学校ごとの対応を促した。

 レベル3、2の場合、分散登校などを活用して登校する人数を減らし、教室では可能な限り2メートル(最低1メートル)子ども同士の距離を取ることとした。レベル1は1メートルを目安とし、換気などを組み合わせて「3密」を防ぐよう要請した。

 学校では常にマスク着用が望ましいとする一方、熱中症の恐れが大きい時や体育では必要ないとした。長時間、近距離のグループワークや室内の近距離での合唱と管楽器演奏、組み合う運動などは特に高リスクとも指摘。レベル3では行わず、レベル2以下では少しずつ実施するよう求めた。