ライフスタイル

今年はホメロス モンブランの作家シリーズ

img_164985_1 西洋文学の礎となった叙事詩、「オデュッセイア」「イリアス」で知られる古代ギリシャの叙事詩人、ホメロス。筆記具ブランド、モンブラン(リュシモンジャパン・東京)の「作家シリーズ(Writers Edition)」は、言葉の力を駆使し、人類の思想に多大な影響を与えた偉大な作家に敬意を表すために、毎年発表しているハンドクラフト仕上げの筆記具だが、今年はホメロスだ。 

 ホメロスは、紀元前8世紀後半を生きた人物とされる。伝承によると、ホメロスもオデュッセイアに登場するデモドコスと同じ、盲目の吟遊詩人だったという。ギリシャ文字が発明された時期とほぼ同時代を生き、口頭伝承だったギリシャの英雄物語、神話や歴史的出来事、オリュンポスの神々や女神たちを主題にしたストーリーが文字に残されたことは、文学史上最も大きな偉業のひとつと言われている。 

 この「作家シリーズ 2018 ホメロス」は、その叙事詩の世界から想を得たディールを、古代ギリシャ文明の香りゆたかなシルエットの中に盛り込んだコレクション。鮮やかなギリシャブルーにインスパイアされたノートブックやインクも同時発売され、古代文明への夢を誘うコレクションだ。 

万年筆(ペン先:F、M)は、税別12万5,000円。キャップレスローラーボール(同10万円)、ボールペン(同9万5,000円)など。