スポーツ

犬歯で弓引く異色のアスリート 大塚忠胤選手(アーチェリー)

犬歯で弓引く異色のアスリート 大塚忠胤選手(アーチェリー) 画像1

大塚忠胤選手は18歳の時、バイク事故で右腕が不自由になった。その後、周囲の人から「口を使って弓を引いている選手がいるから、あなたもできるよ。」と教えられ、アーチェリー競技の世界へ。2016年5月のリオ……

共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/