ビジネス

種1粒でトマト1万7千個、大阪 高槻の実験ハウス

種1粒でトマト1万7千個、大阪 高槻の実験ハウス 画像1

たった1粒の種から実った大量のトマトが、見学者を驚かせている。プラスチック製造業の協和(大阪府高槻市)が農業用ハウスで育てており、10カ月で通常の100倍以上、約1万7千個の実がなるほど大きく成長する……

共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/