ビジネス

ゼネコン大手2社減益、談合響く 18年3月期

ゼネコン大手4社の2018年3月期連結決算が15日、出そろった。東京五輪を見据えた首都圏の再開発活発化で業績は底堅いが、リニア中央新幹線工事の談合事件の関連損失を計上した大林組、清水建設の2社が減益だ……

共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/