ビジネス

進行性認知障害をAIで判別 松江の会社がプログラム販売

進行性認知障害をAIで判別 松江の会社がプログラム販売 画像1

認知症の前段階とされる軽度認知障害(MCI)が進行性のものかどうかを、脳画像を人工知能(AI)で解析して判別できるコンピュータープログラムの販売を始めたと、松江市のデータ統計・分析会社「ERISA(エ……

共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/