ビジネス

混乱恐れ社長が不使用指示 「炉心溶融」で検証報告

東京電力福島第1原発事故の発生直後、当時の清水正孝社長が「炉心溶融(メルトダウン)という言葉を使うな」と社内に指示した問題に関し、柏崎刈羽原発を抱える新潟県と東電の合同検証委員会は18日、定義が不明確……

共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/