ビジネス

エボラ出血熱が感染拡大の恐れ コンゴ、WHOが警鐘

エボラ出血熱が感染拡大の恐れ コンゴ、WHOが警鐘 画像1

【カンパラ共同】アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)北西部の赤道州で流行しているエボラ出血熱について、世界保健機関(WHO)は18日、人口100万人前後の州都ムバンダカでも1人が感染し、感染拡大のリスクが……

共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/